▶楽天市場でお得クーポン配布中♪詳細はこちら◀
PR

【野球球種一覧】変化球は何種類ある?見分け方を動画付きで解説!

プロ野球
この記事は約6分で読めます。
本ページはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当ブログにアクセス頂き、

ありがとうございます!

 

今回はプロ野球ファン歴約20年の

プロ野球大好きな一ファンが、

野球の変化球について解説していきますね!

 

スポンサーリンク

【野球球種一覧】変化球は何種類ある?

 

野球には多様な球種があり、

ピッチャーの技術や戦略によって

様々な投球が行われます。

 

代表的な球種には

以下のようなものがありますが、

ピッチャーによって

さらに細分化されたり、

新しい球種が

開発されたりすることもあります。

 

  1. ストレート(ファストボール) – ピッチャーが最も基本とする球種で、力強く速い球を投げる。
  2. カーブ – ボールに回転をかけ、打者の手元で急激に曲がる球。
  3. スライダー – カーブとファストボールの中間のような球種で、速さと変化を兼ね備える。
  4. シンカー – 下方向に急激に落ちる球。
  5. チェンジアップ – ファストボールに似せた投球動作で投げるが、球速が遅い球。
  6. フォークボール – 指の間にボールを挟み、手首を鋭く折って投げ落ちる球。
  7. スプリットフィンガーファストボール(スプリッター) – フォークボールに似ているが、よりファストボールに近い握りで投げる。
  8. ナックルボール – ボールに回転をほとんどかけずに投げ、予測不可能な軌道を描く球。
  9. カットボール(カッター) – ファストボールに少し横の回転を加え、打者のバットを折りやすくする球。
  10. ツーシームファストボール – グリップの握り方によってファストボールとは異なる動きをする球。
  11. サークルチェンジアップ – チェンジアップの一種で、特に指の形がサークルを描くように握る。

 

これらは基本的な球種であり、

ピッチャーによってはこれらの

基本的な球種に独自の変化を加えたり、

異なる速度や回転をつけたりして、

より多様な球種を生み出しています。

 

また、地域やリーグによっては、

特有の球種が存在することもあります。

 

スポンサーリンク

【野球球種一覧】変化球の見分け方を動画付きで解説!

 

球種を見分けるには、

球の回転、軌道、速度、

ピッチャーの手首の動きや

リリースポイントなどに

注目する必要があります。

 

各球種の特徴を理解し、

それらを観察することで

見分けられるようになります。

 

以下は主な球種の見分け方です。

 

ストレート(ファストボール)

 

  1. 回転が速く、直線的な軌道を描く。
  2. ピッチャーの手首が強く前に押し出される。
  3. 他の球種と比べて速度が速い。

 

カーブ

 

  1. 上から下への強い曲がりを見せる。
  2. 手首のスナップが下向き。
  3. ボールには上回転がかかっている。

 

スライダー

 

  1. カーブより速く、横へのスライドするような動きをする。
  2. 手首の動きがカーブと異なり、より横にスナップする。
  3. 回転が斜めで、カーブよりも鋭い動きをする。

 

シンカー

 

  1. 直線的に見えるが、手元に近づくと下方向に急激に落ちる。
  2. 下向きの強い回転がかかっている。
  3. 手首が下向きに強く押し込まれる。

 

チェンジアップ

 

  1. ファストボールに似た腕の動きで投げられるが、速度が遅い。
  2. ボールの握りやリリースが異なり、速度を落とす。
  3. 打者が速い球を予想していると、タイミングを外される。

 

フォークボール

 

  1. 手元で急激に落ちる。
  2. 指の間にボールを挟んで投げるため、リリースが独特。
  3. 落ちる軌道が特徴的。

 

スプリットフィンガーファストボール(スプリッター)

 

  1. フォークボールに似ているが、速度が速い。
  2. 手元での落ち方が急である。
  3. 握り方による手首の動きが独特。

 

ナックルボール

 

  1. ほとんど回転しない。
  2. 非常に不規則な軌道を描く。
  3. 投げる際の手の動きが他の球種と明らかに異なる。

 

カットボール(カッター)

 

  1. ファストボールに似ているが、リリースの瞬間に手首をひねることで、横へのスライドする動きを加える。
  2. ボールの横回転が見られる。

 

ツーシームファストボール

 

  1. ファストボールに似ているが、手元でわずかに沈むか内側へ移動する。
  2. 握り方が異なり、縫い目に沿って握る。

 

サークルチェンジアップ

 

  1. チェンジアップの一種で、球速が遅く、外側への動きを加えることができる。
  2. 握り方で親指と人差し指を円を描くようにしてボールを持ち、残りの指でボールを支える。
  3. ピッチャーの腕の振りはファストボールとほぼ同じで、速球を投げるかのような動作をするが、ボールの速度は明らかに遅くなる。
  4. リリース時に手首を使って特別なスナップやひねりを加えることは少なく、その代わりにボールを指の間から押し出すようにして投げる。
  5. ボールの回転が少なく、軌道に若干の沈みや外側へのフェード(右投手から見て右打者への外側、左投手から見て左打者への外側)が生じることが特徴。

 

球種を見分ける際には、

これらの特徴を意識して

観察することが重要です。

 

特に、ピッチャーの握りや

リリースの瞬間の手の動き、

ボールの速度や軌道に注目することで、

各球種の違いを捉えやすくなります。

 

また、経験を積むことで、

より細かな違いを

見分けられるようになります。

 

テレビ放送や動画での

スローモーション再生を利用することで、

ピッチャーの手の動きや

ボールの回転を

より詳細に観察することができ、

球種を見分けるスキルを

向上させるのに役立ちます。

 

また、専門家の解説を聞くことで、

さまざまな球種の特徴や

ピッチャーの投球戦略についての

理解を深めることができます。

 

具体的な見分け方については、

元プロ野球選手の今浪隆博さんの

動画がわかりやすいです。

 

 

スポンサーリンク

【プロ野球2024】セリーグパリーグ順位予想と12球団の先発ローテーションと中継ぎ投手陣メンバー予想

 

プロ野球の順位予想と、

12球団の先発ローテと中継ぎ投手陣予想は、

こちらの記事でまとめています!

 

 

 

 

他にも記事を更新していますので、

他の記事も読んで頂けると大変嬉しいです♪

 

またお会いしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロ野球野球雑学・知識
SNSでシェアして頂けると嬉しいです♪
ミニマリストすみちゃんの生涯生活記録
タイトルとURLをコピーしました