投手陣が大乱調!?11与四球11被安打11失点で3連敗。打線は栗原陵矢だけが唯一の癒し的存在!【プロ野球試合結果 西武ライオンズvsソフトバンクホークス(2020年6月23日)inメットライフ】

 

Kちゃん
Kちゃん

西武ライオンズとソフトバンクホークスの試合が6月23日にメットライフで行われました!

 

どんな試合内容になったか、すごい気になる!!

早く結果と内容が知りたい!!!

 

Kちゃん
Kちゃん

気になりますよね。

それでは、さっそく試合を振り返っていきましょう!!

 

プロ野球試合結果【西武ライオンズ vs ソフトバンクホークスの試合結果(2020年6月23日)inメットライフ】

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ソフトバンクホークス 0 0 2 0 0 1 0 0 0 3 5 2
西武ライオンズ 0 4 1 1 1 1 3 0 × 11 11 0

 

勝利投手 : 高橋光成(1勝0敗0S)

敗戦投手 : ムーア(0勝1敗0S)

 

〇本塁打

ソフトバンクホークス :

西武ライオンズ : スパンジェンバーグ 1号(2回裏満塁)

 

〇バッテリー

ソフトバンクホークス : ムーア、松本、尾形、川原 – 甲斐、栗原

西武ライオンズ : 髙橋光、平井、平良、宮川、森脇 – 森、岡田

 

Kちゃん
Kちゃん

西武ライオンズは、先発の高橋光成投手が6回途中3失点と試合を作り、中継ぎ投手陣は無失点リレーでナイスピッチングでした。

 

打つ方では、スパンジェンバーグ選手が満塁ホームランを放つなど4安打の大暴れ、打線も11安打11得点で山賊打線復活でした。

 

ソフトバンクホークスは、先発のムーアを始め投手陣が全体で11与四球11失点と散々な内容でした。

 

打つ方では、わずか5安打で3得点、栗原選手が2点タイムリー、柳田選手がマルチ安打、松田選手が2試合連続タイムリーくらいしかポジ要素はありませんでしたね。

 

試合結果振り返り

 

今日は正直、振り返るほどでの試合でもありません。

 

ムーア投手はいいボールも多かったですけど、微妙なコントロールのズレと自らのエラーで崩れていった印象でした。

今日だけだと判断しづらいので、次回の投球内容次第ですね。

 

松本投手は正直、なにも前回の投球を学習していません。

今日も四球3つを与えて2失点ですからね。

 

第二先発として中継ぎ入りしているのにそれすらできないのなら、そろそろ2軍降格もありえます。

 

もう少ししっかり投げてほしいですね。

 

尾形投手はプロ初登板でしたけど、こんなもんでしょう。

まだまだ粗削りな投手ですから、これからどんどん経験を積んでいってほしいですね。

 

投手陣は今日は11与四球とあまりにもひどいので、もっとピリッとしてください←

 

とはいえ、打線も大概です。

 

栗原選手と柳田選手はよく頑張ってくれていますけど、それ以外の選手は全くです。

もはや栗原選手の打席だけが癒しです。

 

四球を選べる選手が少ないし、粘れる選手が少ないのもここ数年のホークス打線の課題ですね。

 

毎年開幕してからしばらくは打てないですけど、今年は試合数が少ないのでそんなことは言ってられません。

 

明日は先発の石川投手にしっかり試合を作ってもらって、打線もちゃんと援護してあげてください!←

 

2020年6月23日 埼玉西武対福岡ソフトバンク 試合ダイジェスト

 

おすすめの野球関連記事

 

ソフトバンクホークスの先発ローテーション予想(2020年6月23日~6月28日)
...

 

プロ野球ライブ中継をスマホやネット・アプリ動画で無料視聴する方法
プロ野球ライブ中継をスマホやネット、アプリなどの動画で視聴したいんだけど、何かおすすめの方法やアプリはないかな?Kちゃんおすすめがありますよ!私のおすすめは、『DAZN』です!『DAZN』はプ...

 

最後に、『にほんブログ村』をポチッとして頂けると、感謝です☆

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村