野球のポジション(ピッチャー)の性格&適正は?特徴&役割と漢字や数字も!

 

こんにちは。Kちゃんです。

 

野球には9つのポジションと番号があります。

 

それらを数字や漢字(日本語)も交えて表すと、以下のようになります。

 

番号(数字) ポジション(日本語)
1 ピッチャー(投手)
2 キャッチャー(捕手)
3 ファースト(一塁手)
4 セカンド(二塁手)
5 サード(三塁手)
6 ショート(遊撃手)
7 レフト(左翼手)
8 センター(中堅手)
9 ライト(右翼手)

 

今回はその中でもポジション番号1番のピッチャー(投手)の私が思う性格や適正、特徴や役割についてプロ野球選手の動画も交えて紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

ピッチャーの性格や適正とは?

 

まず、ピッチャーに求められる性格ですが、『負けず嫌いでメンタルが強い』ことです。

 

プロの投手で言えば、現役メジャーリーガーの田中将大投手です。

 

球史に残る、あの伝説の魂の8球をノーカットで

 

ピッチャーは「打てるもんなら打ってみろ!」くらいの強い気持ちがないといけません。

 

田中将大投手のように絶体絶命の大ピンチでも、気迫を全面に出して抑えてやるという強い気持ちを常に持っているのは非常に大事なことですからね。

 

楽天イーグルスの則本昂大投手や松井裕樹投手も気迫や闘志を全面に出す投球スタイルなので、参考にしてみてください。

 

《THE FEATURE PLAYER》これぞエースの投球!! E則本が見せた『意地と気迫』

 

一打逆転の場面で…『同級生対決』全球まとめ

 

ピッチャーに求められる適正としては、以下の要素があります。

 

  1. ストレートが速い
  2. ウイニングショットとなる変化球を持っている
  3. コントロールがいいこと
  4. 球数を放れるスタミナがあること
  5. 負けん気が強いこと

 

これら全ての要素を兼ね備えるのは難しいですけど、最低でも

  • 『ストレートが速い』or『ウイニングショットとなる変化球を持っている』
  • 『コントロールがいい』or『球数を放れるスタミナがあること』and『負けん気が強いこと』

これらは満たしていたいところです。

 

スポンサーリンク

ピッチャーの特徴や役割とは?

 

プロ野球になると先発中継ぎ抑えと役割がそれぞれあります。

 

なので、一概にいいピッチャーの特徴とは?

と言われると難しいのですが、やはり「いいピッチャーにはこれ!」と言った特徴があります。

 

例えば、

  1. 千賀滉大投手はストレートが最速161キロで、「お化けフォーク」と呼ばれる鋭い変化球が決め球
  2. 山崎康晃投手はツーシームが決め球
  3. 西勇輝投手はコントロールが抜群にいい

このようにいい投手にはしっかりと特徴があります。

 

H千賀『ストレート・カット・フォーク』すべて極上の切れ味!!《THE FEATURE PLAYER》

 

ですので、いいピッチャーになるためには、他のピッチャーには負けない何かを身に着ける必要がありますね。

 

  1. ストレートの球速や質を上げる
  2. 変化球のキレや投げれる球種を増やす
  3. コントロールを良くする
  4. スタミナを着ける

 

これら以外にも細かいところで言えばたくさんあるので、是非プロのピッチャーの動画と今回の記事を参考にして頂けたら幸いです。

 

野球の他のポジションの性格&適正と特徴&役割まとめ

 

他のポジションの性格や適正、特徴や役割もまとめているので、ご覧ください。

 

野球全ポジションの性格&適正!番号&英語と日本語(漢字)まとめ!【全ポジション動画解説付き!】
...