私の少女時代の吹き替え&字幕配信動画を無料で視聴する方法!

 

『私の少女時代』、今めちゃくちゃ見たいんだけど、無料で安全に見れる方法はないかな~?

 

Kちゃん
Kちゃん

知ってますよ!

 

今流行りの動画配信サイトを使えば、『私の少女時代』の過去の動画をPCやスマホで見れるのを知っていますか?

 

そうなの!?

本当に『私の少女時代』が無料で見れるの!

 

U-NEXTに登録すると、『私の少女時代』を無料で見れるんですよ!

 

 

今回は『私の少女時代』無料で安全に視聴する方法をお伝えしていきますね!

 

『私の少女時代』を安全に無料で視聴する方法こちら!

 

結論を真っ先に述べると、『私の少女時代』を安全に無料で視聴できる配信サイトはU-NEXTです!

  • (1)U-NEXTの31日間無料トライアルに登録します。
  • (2)140,000本の作品が見放題です。
  • (3)最新作を見る場合は、プレゼントされる600円分のポイント内で無料で視聴可能です。

 

解約も簡単にできますし、無料期間に解約すれば料金はかからないので、安心してご登録ください。

※本ページの情報は、2020年5月時点でのものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイト他各動画配信サイトにてご確認ください。

 

 

私の少女時代の配信を安全に視聴できるサイトは?

 

『私の少女時代』はどこの動画配信サービスで視聴できるかについて、調べてみました。

 

配信サービス一覧 配信状況
Hulu ×
U-NEXT
FODプレミアム ×
AbemaTVプレミアム ×
dTV ×

 

『私の少女時代』を安全に無料で視聴する方法こちら!

 

  • (1)U-NEXTの31日間無料トライアルに登録します。
  • (2)140,000本の作品が見放題です。
  • (3)最新作を見る場合は、プレゼントされる600円分のポイント内で無料で視聴可能です。

 

解約も簡単にできますし、無料期間に解約すれば料金はかからないので、安心してご登録ください。

※本ページの情報は、2020年5月時点でのものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイト他各動画配信サイトにてご確認ください。

 

 

私の少女時代を視聴できるU-NEXTとは?

 

『私の少女時代』を視聴するなら、U-NEXTが最もおすすめできます。

 

 

Kちゃん
Kちゃん

U-NEXTの特典の詳細はこちら!

 

 

例えば、どんな作品が見れるの?

 

Kちゃん
Kちゃん

映画やドラマ、アニメなど、かなり充実したラインナップになっているよ!

 

  1. アナと雪の女王2
  2. 君の膵臓を食べたい
  3. 記憶にございません!
  4. キム秘書はいったい、なぜ?
  5. 今日から俺は!!
  6. ボーイフレンド
  7. 鬼滅の刃
  8. 八男って、それはないでしょう!
  9. あひるの空

 

テレビなどの大画面では見れるのかなぁ…

 

Kちゃん
Kちゃん

U-NEXTでは、スマホやパソコンはもちろん、様々なデバイスに対応しているよ。

 

 

U-NEXTについて、もっと調べてみよ!

 

 

 

私の少女時代はどんな作品?

あらすじ

ハンサムな優等生とワイルドな不良の狭間で乙女心が揺れ動く青春ラブストーリー

 

見どころ

忘れかけていた青春を思い出させてくれるような、笑えて泣けて胸がときめく甘酸っぱい三角関係が描かれる。監督、フランキー・チェンの女性らしい繊細な感性が溢れる一作。

 

ストーリー

90年代の台湾。平凡な女子高生、リン・チェンシンは女子たちのアイドルである同級生・オウヤンに恋心を抱いていた。ある日、不幸の手紙を受け取ったことをきっかけに、チェンシンは学校一の不良・タイユィと急接近。臆病だった彼女の日常に変化が訪れる。

※U-NEXT作品ページより

 

出演

 

  1. (林真心(リン・チェンシン)) ヴィヴィアン・ソン
  2. (徐太宇(シュー・タイユィ)) ワン・ダールー
  3. (欧陽非凡(オウヤン・フェイファン)) ディノ・リー
  4. (陶敏敏(タオ・ミンミン)) デイヴィ・チェン
  5. アンディ・ラウ
  6. ジョー・チェ
  7. ジェリー・イェン
  8. リン・ホーシュエン

 

 

私の少女時代の視聴者の感想は?

 

Kちゃん
Kちゃん

『私の少女時代』の視聴者の感想をまとめてみました!

 

いきなり思い出話めいて恐縮なのだが、僕には20代のときアジアに恋に落ちてしまった、という瞬間が確かにあった。時代で言えば90年代後半のことだ。アンディ・ラウ、アーロン・クォックら香港四大天王が、アジアで広く絶大な人気を誇っていた時代である。

本作はまさにそのころを背景にしている。台湾のどこかの町を舞台に、若者たちの初々しい恋をコミカルに、ちょっぴり切なく描く。主人公・林真心(リン・チェンシン)は、アンディの熱狂的なファンという設定だ。ほかにも金城武、アレック・ス―など懐かしい名前が飛び出して、全編これ心地よいノスタルジーにあふれている。

監督はテレビドラマのプロデューサーとして活躍したフランキー・チェンという女性。だから…というわけでもないと思うけど、映画として観ると甘さとかアラのようなものもいろいろ探せるだろう。だが、そんなことはしたくない。それより、映画『天若有情(アンディ・ラウの逃避行)』のパロディがあったり、90年代に大ヒットした香港のグループ、草蜢(グラスホッパー)の曲が流れたりと、うれしいポイントを挙げることに喜びを見出したい。

主題歌もいいし、キャストもいい。サプライズで登場するあのお方はさすがに少々老けていたが、畳みかけるようにもう一人のサプライズが登場することで、それも帳消しになる。とにかく、中華圏のエンタメを懐かしむにはうってつけの作品だ。

 

劇場で観て、本当に気に入りました。その後DVD発売はないのかとずーっと心待ちにしていて、やっと購入することができました!!
また改めて観ましたが、本当にピュアでステキな作品です。時代背景が少し前のことと、日本文化も台湾には入ってるので、ちょっと懐かしい雰囲気を感じられる部分もあります。

 

ず~っと探して、待ちに待ってやっとAmazonで購入できました。
中国語版で既に何度も見ていましたが、届いてから日本版も毎日毎日見てしまいました。笑いあり涙あり、とにかく沢山の人に見てもらいたい映画です。

 

なかなかDVD化されないと思ってたら、少し変わった形態でのリリース。
同じ台湾映画の、あの頃君を追いかけた を超える作品だと思います。
途中のキュンとするシーンや、ラストのグッとくる感じなど、最高です。
みんな見ようよ〜

 

物語はリン・チェンシン(林真心)が30代である現在、高校時代の回想、再び現在という形で展開する。ただ、9割近くは回想であり、ここが物語のメインである。

仕事など様々なことで落ち込んだチェンシン(真心)は自室でアンディ・ラウの昔の曲を聞く。その曲はチェンシンを、アンディ・ラウに夢中だった高校時代の思い出に誘う。
アンディ・ラウに熱を上げる冴えない女子高生のチェンシンは、ある日、「幸福の手紙」(いわゆる不幸の手紙)を受け取り、その手紙を学校でも悪名高い不良のボス・タイユィ、大嫌いな数学の先生、そして学校で一番人気の女子生徒ミンミンに転送する。ところが、タイユイがその手紙を読んでいる最中に交通事故に遭う。送り主がチェンシンであることを知ったタイユイは、彼女に友達となるように強要する。友達といっても実質的には“パシリ”で、散々な日々のチェンシンだが、タイユイがミンミンに好意を抱いていること、ミンミンがチェンシンが憧れている学校一の人気者である男子生徒オウヤンととても仲が良いことに気付き、チェンシンとタイユイの思いを実現させるため、オウヤンとミンミンの仲を裂くための共同戦線を持ちかける。そのために二人で会うことが増えるにつれ、それぞれの気持ちが少しずつ変化しはじめるが、相手の気持ちの変化には気付かない二人は…

チェンシンは魅力的だ。タイユイを過去の傷から立ちなおらせ、自身も勉強を重ね、地味なメガネ女子高生から変身し、オウヤンにアプローチする(それまで襟元のリボンが少し緩かったのが、きっちり締まっている)。教師がタイユイを不当に扱おうとしたときは、強い気持ちを持って、教師たちに怒りの声をあげる。チェンシンは、どんどん輝きを増していく。
タイユイも素晴らしい。なかでも、チェンシンの背中を押すシーンが最高。このシーンは二回登場するが、二回目のみに映る彼女の背中を押した後の彼の表情は極めて切ないが、同時に美しい。
二人のシーンでは、犬を抱いたチェンシンをタイユイが追うところと、本屋で目が合ってしまって戸惑うところ、道路でタイユイがチェンシンを庇うシーンも素晴らしい。
なお、日本では「不幸の手紙」がよく知られているが、本作は「幸福の手紙」でないといけない。
キーホルダー、タイユイがチェンシンに約束すること、約束して欲しいと言ったことが、大きな鍵となる。

高校時代のチェンシンを演じたビビアン・ソンは出色である。コメディエンヌとしての才能を遺憾なく発揮している。メガネを外してタイユイの前に現れたシーンは、一瞬だが時が止まる。雨の中、手を振りながら去っていくシーンの笑顔も素晴らしい。
タイユイを演じたダレン・ワンも魅力的だ。気持ちを抑制しながらも、チェンシンを強く思うタイユイを巧みに演じている。

「身代わり」「二人で勉強」というキーワードは『あの頃、君を追いかけた』と共通している(『谁的青春不迷茫』も同じキーワードでくくれる)。ただ、『あの頃~』と違って、本作は現在と高校時代を違う俳優に演じさせたのが残念だ。これは現在の部分の俳優に問題があるというよりも、ビビアン・ソンとダレン・ワンがあまりにも魅力的だったということなのかもしれない。そういった点はあるものの、回想部分を見るだけでも十分に傑作である。

 

Amazonより

 

 

 

コメント