エレニの帰郷の字幕配信動画を無料でスマホやテレビで視聴する方法!

 

『エレニの帰郷』、今めちゃくちゃ見たいんだけど、無料で安全に見れる方法はないかな~?

 

Kちゃん
Kちゃん

知ってますよ!

 

今流行りの動画配信サイトを使えば、『エレニの帰郷』の過去の動画をPCやスマホで見れるのを知っていますか?

 

そうなの!?

本当に『エレニの帰郷』が無料で見れるの!

 

U-NEXTに登録すると、『エレニの帰郷』を無料で見れるんですよ!

 

 

今回は『エレニの帰郷』無料で安全に視聴する方法をお伝えしていきますね!

 

『エレニの帰郷』を安全に無料で視聴する方法こちら!

 

結論を真っ先に述べると、『エレニの帰郷』を安全に無料で視聴できる配信サイトはU-NEXTです!

  • (1)U-NEXTの31日間無料トライアルに登録します。
  • (2)140,000本の作品が見放題です。
  • (3)最新作を見る場合は、プレゼントされる600円分のポイント内で無料で視聴可能です。

 

解約も簡単にできますし、無料期間に解約すれば料金はかからないので、安心してご登録ください。

※本ページの情報は、2020年5月時点でのものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイト他各動画配信サイトにてご確認ください。

 

 

エレニの帰郷の配信を安全に視聴できるサイトは?

 

『エレニの帰郷』はどこの動画配信サービスで視聴できるかについて、調べてみました。

 

配信サービス一覧 配信状況
Hulu ×
U-NEXT
FODプレミアム ×
AbemaTVプレミアム ×
dTV ×

 

『エレニの帰郷』を安全に無料で視聴する方法こちら!

 

  • (1)U-NEXTの31日間無料トライアルに登録します。
  • (2)140,000本の作品が見放題です。
  • (3)最新作を見る場合は、プレゼントされる600円分のポイント内で無料で視聴可能です。

 

解約も簡単にできますし、無料期間に解約すれば料金はかからないので、安心してご登録ください。

※本ページの情報は、2020年5月時点でのものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイト他各動画配信サイトにてご確認ください。

 

 

エレニの帰郷を視聴できるU-NEXTとは?

 

『エレニの帰郷』を視聴するなら、U-NEXTが最もおすすめできます。

 

 

Kちゃん
Kちゃん

U-NEXTの特典の詳細はこちら!

 

 

例えば、どんな作品が見れるの?

 

Kちゃん
Kちゃん

映画やドラマ、アニメなど、かなり充実したラインナップになっているよ!

 

  1. アナと雪の女王2
  2. 君の膵臓を食べたい
  3. 記憶にございません!
  4. キム秘書はいったい、なぜ?
  5. 今日から俺は!!
  6. ボーイフレンド
  7. 鬼滅の刃
  8. 八男って、それはないでしょう!
  9. あひるの空

 

テレビなどの大画面では見れるのかなぁ…

 

Kちゃん
Kちゃん

U-NEXTでは、スマホやパソコンはもちろん、様々なデバイスに対応しているよ。

 

 

U-NEXTについて、もっと調べてみよ!

 

 

 

エレニの帰郷はどんな作品?

あらすじ

歴史の波に翻弄される3人の男女の姿を描いた重厚なドラマ

 

見どころ

2012年に急逝したテオ・アンゲロプロスの遺作となった1作。ロシア、カザフスタン、アメリカなど、世界各国で撮影された映像と豪華俳優陣の共演で壮大な愛の叙事詩を紡ぐ。

 

ストーリー

20世紀末のローマ。映画監督・Aは母・エレニの人生と歴史的事件を描いた作品を完成させようと苦心していた。エレニは生き別れた恋人とギリシャ難民の町・テミルタウで再会。喜び愛を確かめあうが、スターリン死去による混乱のなか、再び引き裂かれてしまう。

※U-NEXT作品ページより

 

出演

 

  1. (A) ウィレム・デフォー
  2. (ヤコブ) ブルーノ・ガンツ
  3. (エレニ) イレーヌ・ジャコブ
  4. (スピロス) ミシェル・ピッコリ
  5. (ヘルガ) クリスティアーネ・パウル
  6. レニ・ピタキ
  7. コスタス・アポストリーディス
  8. アレクサンドロス・ミロナス
  9. ヴァレンティーナ・カルネルッティ
  10. ティツィアーナ・フィフネル

 

 

エレニの帰郷の視聴者の感想は?

 

Kちゃん
Kちゃん

『エレニの帰郷』の視聴者の感想をまとめてみました!

 

ヒロインの名は「・旅」と同じエレニで、孫の少女もエレニ、他にもスピロスなど同じ名前の主要人物が登場するが、
前作との関連性は全く無い別の物語である。

ギリシャ国内に閉じられた前作よりも、ヒロインを巡る時代のうねりの大きさがダイナミックに捉えられ、
テオ・アンゲロプロス監督のライフワーク的テーマであり、時に理不尽な存在である「国境」をはっきりと意識させる。

プロローグは1999年、世紀末のローマ、チネチッタ撮影所で物語の幕が開く。
映画監督「A」として登場する「息子」に、母「エレニ」がローマに着いたとの知らせが届く。
時は遡上し1953年、赤の他人になりすまし、エレニを迎えにカザフスタン(当時ソ連領)に潜入するスピロス、
凍てつくテミルタウ(ギリシャ移民の街)をノロノロと走る路面電車。
「太陽」と表現されたスターリンの死が市民に告げられ、巨大な氷河が音もなく崩落するようにエレニの物語が動き出す。
やがて舞台は酷寒のシベリア刑務所へ、、、。

現在(1999〜2000年)を軸に、行きつ戻りつする愛と葛藤の物語、、、
ウィレム・デフォー、イレーヌ・ジャコブ、ブルーノ・ガンツ、ミシェル・ピコリ、いずれ劣らぬ個性派たちが
内面性豊かな演技を見せる。
それは「聖三角形」などというありきたりな表現で済ますことができないほど昏く濃密で、そして熱い。
ラストシーン、エレニの死の床に吹き込む突風、その部屋は建物の中で浮遊しているかのよう、、、。
そして20世紀最後の新たな年を迎えた朝、スピロスが差しのべた手に孫娘「エレニ」の手が応える。
すべての時を超えて降り積もる雪、、、タルコフスキー「ノスタルジア」のエンドシーンを連想させる静謐な映像だ。
ベルリン、ブルーノ・ガンツ、第三の翼、などから、ヴェンダース作品との親近性も感じられる。
ヴェンダースも「リスボン物語」の序盤で、EUにより「国境」の存在が曖昧になっていったことを肯定的に捉えていた。

第3章「もうひとつの海」のロケ地で薄暮の向こう側に消えてしまったテオ、最后に彼が追ったのはどんな光景だったのか。
そこでどんな物語が語られようとしていたのか。
希有な映像作家の永遠の「不在」、それ自体が20世紀トリロジアの終章となってしまった。
娘アンナが彼のメッセージとして引用した「・・・私の終わりは私の始まりである。」という自らの運命を見越していたかのような言葉に、
私たちは何を見出せばよいのだろうか、、、。

2014.7.13追記
週末に届いたディスクを観た。
チネチッタだけでなく映画そのものへのオマージュとともに、この作品が含有するものの壮大さをあらためて感じた。

特典映像は必見、東京映画祭の舞台挨拶の模様には感極まるものがあった。
公開時のパンフレットにも一部収録されてはいるが、見ごたえのある内容だった。
フィービー夫人、娘のアンナ、池澤氏、インタビーューでの三人三様の言葉が、テオと彼の作品世界について複眼視的に語ってくれた。
「もうひとつの海」が陽の目をみることはないだろうという夫人の言葉、、、
やはり、という諦めだけでは済まない、やり場のない思いが残った。

 

アンゲロプロス監督は不慮の事故で亡くなったとのことだが、それにしては遺作らし過ぎて不吉な程の内容となっています。
内容はシンプルでストレート。監督の実のお母さんと、映画のエレニがどれ位重なっているのかはわからないのですが、
ギリシアの共産主義者だったエレニのエクソダスと恋愛模様は、主人公の映画監督の「自分は偶然生まれた者である」という寄る辺ない不安と、そこから周りの人を不幸にしていく負の連鎖を生み出しているように描かれています。
これを観ると テオ アンゲロプロス監督の創作の原点は非常に分かりやすいものです。国家とかイデオロギーによってハチャメチャになってしまった家族の惨状と、それをルーツとせざるを得ない自己のアイデンティティの不安定な状況….。「こうのとり」の黄色い雨具の集団が、本作ではエレニのシベリア抑留時代の夢である事が暗示され、「霧の中の風景」で驚かされた手の彫像と、本作でのエレニの手のアップが同じように大きな不安を喚起します。
見終わってみて、同じ監督の作品を沢山観たけれど、最後までこのような絶望と哀しみに満ちた作品しか作れないところが、この監督の最もすばらしいところである事を痛感しました。数々の名作を思い出す本作も、また心に残る作品となりました。

 

この映画について語りたいことは、あまりに多すぎる。完ぺきな作品。
一つだけ言うとしたら、この映画ほど強力な感情が詰まった映画は他にない。

大学生のときに前作「エレニの旅」を見たとき、胸が張り裂けそうで、映画館で一人で号泣した。人間にこれほどまで悲しい出来事が起こりうるのかと。打ちのめされそうなほどショックを受けた。できればもうこんな思いは知りたくない、とまで感じた。

前作で、主人公のエレニは、普通の人が一生に出会えるか出会えないかの「運命の人」に出会い、駆け落ちする。二人は深く愛し合い、文字通り二人で一つといった具合。だが社会情勢が二人を引き離し、恋人は亡くなってしまう。エレニにはお金もなく、あるのは愛する恋人との子供たちに与える愛のみ。やがて子供たちも戦争で死んでしまい、天涯孤独の身になったエレニは、絶望の淵に追いやられ、彼女の激しい慟哭で「エレニの旅」は終わったように思います。一筋の希望の光もなく終わってしまうのです。

本作でエレニを追ってきたスピノスは、前作でエレニが恋人と駆け落ちする前に、結婚する予定だった許婚の男。ここがエレニの愛の大きさがでているところ。前作で「運命の人」とばかり愛しに愛したアレクシスの名前は一言も出ず、エレニは「自ら振った男」スピノスを頼り、深い信頼を寄せている。愛しているようにも見える。前作であれほど強力な愛を残酷に打ち砕かれたにもかかわらず。

エレニは(アレクシスに対する強い恋愛感情とは異なるかもしれないが)スピノスを愛し、彼女を支えたヤコブを愛す。そしてもちろんスピノスとの子供も、そしてその孫も愛する。彼女は糊のような役割を果たし、ばらばらな人々をくっつけ、家族を(故郷を)形成していくのです。

性差別がさけばれる世の中ですが、これこそ人間界における女性の役割のように思う。どんなに残酷な仕打ちを受けようが、社会の犠牲者になろうが、エレニは社会の陰に隠れ、じっと耐える。胸を打つ意志の強さ。そして枯れることのない愛を注ぎ続けるのです。

個人的にですが、今まで見た映画の中で最も忘れられない作品の一つです。

 

Amazonより

 

 

 

コメント