プロ野球2020パリーグ最新順位予想まとめ!解説者と戦力分析も!

 

こんにちは。Kちゃんです。

 

プロ野球の開幕がもうすぐに迫ってきたということで、私が毎年個人的に行っている順位予想をセリーグ編とパリーグ編に分けてやっていきます。

 

今回は【パリーグ編】ということでやっていきますね。

 

スポンサーリンク

解説者のパリーグの2020年の順位予想まとめ

 

私の予想を載せる前に、野球解説者たちの2020年のパリーグ順位予想をまとめていきます。

 

順位/解説者 岡田彰布 赤星憲広 岩本勉 福本豊 清水直行 伊原春樹 森野将彦 江本孟紀 古田敦也
1位 ソフトバンク ソフトバンク 西武 ソフトバンク ソフトバンク ソフトバンク ソフトバンク 西武 ソフトバンク
2位 西武 楽天 日本ハム 西武 西武 西武 西武 ソフトバンク ロッテ
3位 楽天 ロッテ 楽天 ロッテ 楽天 楽天 ロッテ 楽天 楽天
4位 ロッテ 西武 ロッテ 楽天 ロッテ 日本ハム 楽天 ロッテ 西武
5位 オリックス 日本ハム ソフトバンク オリックス 日本ハム ロッテ オリックス 日本ハム 日本ハム
6位 日本ハム オリックス オリックス 日本ハム オリックス オリックス 日本ハム オリックス オリックス

 

やはりホークスとライオンズの優勝争いという見方が大半ですね。

 

楽天とロッテは今シーズンはかなり積極補強をしてきましたが、トータル的に見ればそこまで変わってないように見えるのか、解説陣の予想も3~4位の予想が多い印象です。

 

日本ハムとオリックスは今年も下馬評が低いですね。

 

私のパリーグの2020年の順位予想!【戦力分析あり】

 

まずは、私のパリーグの2020年の順位予想です。

 

  • 1位 : 福岡ソフトバンクホークス
  • 2位 : 埼玉西武ライオンズ
  • 3位 : 北海道日本ハムファイターズ
  • 4位 : 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 5位 : 千葉ロッテマリーンズ
  • 6位 : オリックスバファローズ

 

なぜこう予想したのかを戦力分析と共に行っていきます。

 

戦力分析は、

  1. 投手力
  2. 打撃力
  3. 守備力
  4. 機動力

この4つの項目を5段階評価で行っていきます。

 

1位の順位予想の理由と戦力分析

 

まずは、福岡ソフトバンクホークスの戦力分析です。

 

  1. 投手力 : ☆☆☆☆☆
  2. 打撃力 : ☆☆☆☆
  3. 守備力 : ☆☆☆☆☆
  4. 機動力 : ☆☆☆☆

 

私の贔屓チームでもあるので希望的な部分もありますが、やはり普通にやってくれればリーグ優勝はできるはずです。

 

バレンティン選手の加入はかなり大きいですし、新外国人のムーア投手もかなり期待できそうな投球をしてくれています。

 

今年は投手陣にけが人が多くなっていますが、野手はある程度元気な状態です。

 

投手陣は岩嵜投手が今年は投げれそうですし、和田投手やバンデンハーク投手、石川柊太投手も先発ローテとして期待できそうなのは大きいですね。

 

開幕はキューバ勢がいないのできつい状態ですが、選手層は相変わらず分厚いので、今年こそは3年ぶりのリーグ優勝、そして、4年連続日本一を達成してほしいですね!

 

2位の順位予想の理由と戦力分析

 

まずは、埼玉西武ライオンズの戦力分析です。

 

  1. 投手力 : ☆☆☆
  2. 打撃力 : ☆☆☆☆☆
  3. 守備力 : ☆☆☆
  4. 機動力 : ☆☆☆☆☆

 

秋山選手がメジャーに移籍したとはいえ、今年も優勝をホークスと争うであろう第一候補のチームですよね。

 

スパンジェンバーグ選手がそこそこ活躍しそうですし、秋山選手がいなくても打線はやはり強力です。

 

機動力もパリーグでは一番使えるチームですから、打つだけではない部分もありますから。

 

やはり課題は投手陣になってきますが、高橋光成投手や今井投手、松本投手辺りが更にブレイクすれば十分先発の駒は揃ってきます。

 

中継ぎもクローザーの増田投手を筆頭にだいぶ整備されてきたので、今年も手ごわいチームでしょうから、2位予想ですね。

 

3位の順位予想の理由と戦力分析

 

まずは、北海道日本ハムファイターズの戦力分析です。

 

  1. 投手力 : ☆☆☆☆☆
  2. 打撃力 : ☆☆☆
  3. 守備力 : ☆☆☆
  4. 機動力 : ☆☆

 

投手力はパリーグでも屈指の強さだと思っています。

 

先発も中継ぎも駒は揃っているので、ある程度試合を作れる投手が多い印象ですね。

 

ファイターズの場合、問題は打線なんですよ。

 

どうしても得点力が低いし、ここ最近は機動力もあまり使えていないので得点パターンも少ないです。

 

こうなるといくら投手陣が良くても、なかなか試合を拾うことはできません。

 

栗山監督は大胆な策を取ってくる監督ですし、打線と昨年失策の多かった守備が改善されていれば優勝争いもあるでしょうけど、私は3位予想ですね。

 

4位の順位予想の理由と戦力分析

 

まずは、東北楽天ゴールデンイーグルスの戦力分析です。

 

  1. 投手力 : ☆☆☆☆
  2. 打撃力 : ☆☆☆☆
  3. 守備力 : ☆☆☆☆
  4. 機動力 : ☆☆

 

先発は揃っていて、ネームバリューもあります。

 

ただ、松井投手や涌井投手がしっかり成績を残すかはわかりませんし、クローザーも松井投手の穴を埋められるかは不明な部分が多いですね。

 

投手陣に関しては、名前の通りしっかり働いてくれれば強力な投手陣になります。

 

打線は鈴木大地選手やロメロ選手らが加入したことにより、非常に強力になりました。

 

ただ、昨年同様に機動力を使える打線ではないので、いい投手に当たった時はやはり厳しいんですよね。

 

個人的には、チームの体質的に勝負弱い印象がありますし、積極的な補強をしましたけど、その分流出もしてトータル的にはそこまで変わってないと思うので4位予想ですね。

 

5位の順位予想の理由と戦力分析

 

まずは、千葉ロッテマリーンズの戦力分析です。

 

  1. 投手力 : ☆☆☆
  2. 打撃力 : ☆☆☆☆
  3. 守備力 : ☆☆☆☆
  4. 機動力 : ☆☆☆

 

マリーンズは期待の若手が多いチームで、今年はオフシーズンに積極的な補強を行いました。

 

ただ、やはり鈴木大地選手が移籍したのは痛いと思うんですよね。

 

“楽天”の鈴木大地選手はそこまで怖くないけど、”ロッテ”の鈴木大地選手は相手から見るとやはり嫌なんですよ。

 

打線はたしかに長打力も増えて強力にはなりましたけど、やはり鈴木大地選手の移籍が痛手になると思いますね。

 

投手陣は先発はかなり若い投手が多いですが、その分未知数なんですよね。

 

種市投手や二木投手辺りが二桁勝てれば安定ですが、まだまだ経験が少ないです。

 

野手でも藤原選手や安田選手など期待の若手も多いですが、まだまだ発展途上だと思うので、今年は5位予想ですね。

 

6位の順位予想の理由と戦力分析

 

まずは、オリックスバファローズの戦力分析です。

 

  1. 投手力 : ☆☆☆
  2. 打撃力 : ☆☆☆
  3. 守備力 : ☆☆☆
  4. 機動力 : ☆☆☆☆

 

オリックスは山岡泰輔投手、山本由伸投手、吉田正尚選手の3人ばかりが注目されています。

 

今年はジョーンズ選手が加入したことで、4番にどっしりとハマってくれれば得点力アップは期待できますね。

 

昨年から機動力を使える選手が多くなってきたので、返す打者がいれば昨年よりは点は取れそうです。

 

ただ、逆に投手陣が不安定なんですよ。

 

山岡投手と山本投手以外は先発は不安定だし、中継ぎも以前よりは綻びが出てきています。

 

オリックスの場合は当たり前のことをできていない選手が多いので、どうしても勝てないんですよね。

 

大げさに言うと、ファンの心を折るような逆転負けなどもするし、大事な場面でエラーをしたり一打が出ないことが非常に多いです。

 

今年もその部分がそこまで改善されている印象はないので、私は6位予想ですね。

 

セリーグの2020年の順位予想と12球団の先発ローテーションと中継ぎ予想

 

解説者の順位予想と私の戦力分析も交えた順位予想をしてみました。

 

セリーグの順位予想と12球団の先発ローテーションと中継ぎ予想については、それぞれご覧ください。

 

プロ野球2020セリーグ最新順位予想まとめ!解説者と戦力分析も!
...

 

プロ野球戦力分析2020!12球団の先発ローテーションと中継ぎ予想!
...

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

それでは、ばいちゃ☆