ヤクルトスワローズの中継ぎ投手予想2020を勝手にしてみた!

 

こんにちは。Kちゃんです。

 

プロ野球の開幕がもうすぐそこまで迫ってきたということで、私が毎年個人的に行っている各球団の先発ローテーションと中継ぎ一覧の予想を今回はブログで取り上げていきます。

 

まず、今回は東京ヤクルトスワローズの2020年の中継ぎ投手陣の予想を行っていきますね。

 

スポンサーリンク

東京ヤクルトスワローズの中継ぎ投手陣予想

 

まずは、2019年の成績も含めて、今年予想される中継ぎ投手陣一覧を書いていきます。

(☆は当確○は候補、●は穴場です。)

 

☆石山泰稚(34試合 33回 2勝2敗10S5H 防御率2.73)

☆マクガフ(65試合 68.2回 6勝3敗11S18H 防御率3.15)

☆梅野雄吾(68試合 67.2回 2勝3敗4S28H 防御率3.72)

☆近藤一樹(59試合 53回 3勝3敗19H 防御率3.57)

〇五十嵐亮太(45試合 42.1回 5勝1敗4H 防御率2.98)

〇大下佑馬(31試合 41.2回 0勝2敗2H 防御率5.18)

〇坂本光市郎(19試合 21.2回 0勝0敗3H 防御率5.82)

〇平井諒(20試合 19回 1勝1敗4H 防御率8.53)

〇久保拓眞(16試合 11回 0勝0敗1H 防御率5.73)

〇中尾輝(12試合 14回 0勝1敗 防御率8.36)

●風張蓮(14試合 19回 0勝0敗1H 防御率7.11)

●星知弥(10試合 12.2回 1勝3敗 防御率8.53)

●今野龍太(4試合 9回 1勝0敗 防御率10.00)

●長谷川宙輝(1軍登板なし)

●杉山晃基(2019年ドラフト3位)

●大西広樹(2019年ドラフト4位)

 

あくまで、個人的な予想なので、実際と違うことはあると思いますが、その辺りはご容赦ください。

 

スポンサーリンク

東京ヤクルトスワローズの中継ぎ投手陣の考察と評価

 

中継ぎ投手陣は先発ローテーションほどは壊滅的ではありません。

 

石山投手は普通に投げれる状態なら、十分に抑えとして任せられますし、マクガフ投手も8回を安心して任せられます。

 

梅野投手や近藤投手は球に力がある投手ですし、五十嵐投手も含めれば6回や7回を任せられます。

 

スワローズの中継ぎ投手は候補はいっぱいいるんですが、一年良くても翌年は悪くなったりするので、計算しづらいんですよね。

 

なので、安定して数年投げられる投手が現れてほしいところです。

 

個人的には私はホークスファンなので、ホークスでは支配下になれなかった長谷川宙輝投手にはスワローズで頑張ってもらいたいですね。

 

最後に

 

今回は東京ヤクルトスワローズの2020年の中継ぎ投手陣の予想をしてみました。

 

東京ヤクルトスワローズの先発ローテーション予想については、こちらの記事をご覧ください。

 

ヤクルトスワローズの先発ローテーション予想2020を勝手にしてみた!
...

 

他球団の先発ローテーション予想や中継ぎ投手陣の予想については、随時こちらの記事に載せていくので、合わせてご覧ください。

 

プロ野球戦力分析2020!12球団の先発ローテーションと中継ぎ予想!
...

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

それでは、ばいちゃ☆