ヤクルトスワローズの先発ローテーション予想2020を勝手にしてみた!

 

こんにちは。Kちゃんです。

 

プロ野球の開幕がもうすぐそこまで迫ってきたということで、私が毎年個人的に行っている各球団の先発ローテーションと中継ぎ一覧の予想を今回はブログで取り上げていきます。

 

まず、今回は東京ヤクルトスワローズの2020年の先発ローテーション予想を行っていきますね。

 

東京ヤクルトスワローズの先発ローテーション予想

 

まずは、2019年の成績も含めて、今年予想される先発ローテーション投手一覧を書いていきます。

(☆は当確○は候補、●は穴場です。)

 

☆小川泰弘(26試合 159.2回 5勝12敗 防御率4.57)

☆石川雅規(23試合 124.1回 8勝6敗 防御率3.84)

〇高梨裕稔(21試合 78回 5勝7敗 防御率6.23)

〇高橋奎二(20試合 95.1回 4勝6敗 防御率5.76)

〇山田大樹(14試合 62.1回 5勝4敗 防御率3.90)

〇原樹理(12試合 74回 3勝7敗 防御率4.86)

〇スアレス(4試合 17.2回 1勝1敗 防御率1.53)

〇イノーア(新外国人)

〇クック(新外国人)

●清水昇(11試合 26回 0勝3敗 防御率7.27)

●田川賢吾(4試合 15.1回 1勝2敗 防御率7.63)

●山中浩史(4試合 9.2回 0勝2敗 防御率7.45)

●吉田大喜(2019年ドラフト2位)

 

あくまで、個人的な予想なので、実際と違うことはあると思いますが、その辺りはご容赦ください。

 

東京ヤクルトスワローズの先発ローテーションの考察と評価

 

正直言って、かなり先発ローテーションは厳しいですね。

 

昨年5勝12敗の小川投手と今年40歳になったベテランの石川投手で開幕投手を争っているのは、あまりにもレベルが低い争いと言わざるを得ません。

 

もちろん小川投手を二桁勝てる力を持っている投手ですが、ここ数年はあまりいい成績は残せていませんからね。

 

高橋奎二投手は力のあるサウスポーで、今年ブレイクする可能性はあります。

というか、ブレイクしないとチームとしては厳しい状況です。

 

そもそも本拠地が神宮で狭いので、投手陣の防御率が悪いのは多少はしょうがない部分もあります。

 

ですが、あまりにも先発投手陣の防御率が高すぎるんで、これではいくら打線は強力でも厳しいですよね。

 

高梨投手はかつて二桁勝った経験もありますし、スアレス投手は怪我さえなければゲームメイクする力はあります。

 

もちろん原樹理投手にも期待はしたいですが、いい意味で期待を裏切る投手が2~3人現れないと、とてもじゃないですが、一年間まともに戦うのは無理と言えるくらいの先発ローテーションなのが現状ですね。

 

最後に

 

今回は東京ヤクルトスワローズの2020年の先発ローテーション予想をしてみました。

 

東京ヤクルトスワローズの中継ぎ投手陣の予想については、こちらの記事をご覧ください。

 

ヤクルトスワローズの中継ぎ投手予想2020を勝手にしてみた!
...

 

他球団の先発ローテーション予想や中継ぎ投手陣の予想については、随時こちらの記事に載せていくので、合わせてご覧ください。

 

プロ野球戦力分析2020!12球団の先発ローテーションと中継ぎ予想!
...

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

それでは、ばいちゃ☆