中日ドラゴンズの先発ローテーション予想2020を勝手にしてみた!

 

こんにちは。Kちゃんです。

 

プロ野球の開幕がもうすぐそこまで迫ってきたということで、私が毎年個人的に行っている各球団の先発ローテーションと中継ぎ一覧の予想を今回はブログで取り上げていきます。

 

まず、今回は中日ドラゴンズの2020年の先発ローテーション予想を行っていきますね。

 

スポンサーリンク

中日ドラゴンズの先発ローテーション予想

 

まずは、2019年の成績も含めて、今年予想される先発ローテーション投手一覧を書いていきます。

(☆は当確○は候補、●は穴場です。)

 

☆大野雄大(25試合 177.2回 9勝8敗 防御率2.58)←2020年開幕投手

☆柳裕也(26試合 170.2回 11勝7敗 防御率3.53)

〇小笠原慎之介(7試合 38.2回 3勝1敗 防御率2.56)

〇梅津晃大(6試合 34.2回 4勝1敗 防御率2.34)

〇ロメロ(21試合 116.1回 8勝10敗 防御率4.26)

●笠原祥太郎(8試合 34.2回 3勝2敗 防御率5.71)

●山本拓実(9試合 45.1回 3勝3敗 防御率2.98)

●清水達也(8試合 35.1回 2勝2敗 防御率4.33)

●阿知羅拓馬(7試合 34回 1勝3敗 防御率5.82)

●山井大介(13試合 65回 3勝5敗 防御率4.85)

●吉見一起(5試合 19.2回 1勝1敗 防御率6.41)

●松葉貴大(6試合 25.1回 0勝4敗 防御率6.04)

 

あくまで、個人的な予想なので、実際と違うことはあると思いますが、その辺りはご容赦ください。

 

スポンサーリンク

中日ドラゴンズの先発ローテーションの考察と評価

 

大野雄大投手と柳裕也投手を中心に先発ローテーションを回していくのは間違いないですが、問題はそれ以外の投手です。

 

なかなか安定した勝ち星を計算できる投手が少ないのは痛いですよね。

 

小笠原投手や笠原投手にも期待はしたいですが、個人的には梅津投手に期待しています。

 

昨年は6試合の登板のみで4勝を挙げていますし、投げているボールも魅力があるので楽しみではありますね。

 

梅津投手が二桁勝つくらいじゃないと、先発の台所事情はかなり厳しくなってきますし、個人的には注目しています。

 

先発ローテ当確の投手と候補投手だけでは5人しかいませんから、穴場としている投手たちの中から誰か出てきて活躍することを期待ですね。

 

最後に

 

今回は中日ドラゴンズの2020年の先発ローテーション予想をしてみました。

 

中日ドラゴンズの中継ぎ投手陣の予想については、こちらの記事をご覧ください。

 

中日ドラゴンズの中継ぎ投手予想2020を勝手にしてみた!
...

 

他球団の先発ローテーション予想や中継ぎ投手陣の予想については、随時こちらの記事に載せていくので、合わせてご覧ください。

 

プロ野球戦力分析2020!12球団の先発ローテーションと中継ぎ予想!
...

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

それでは、ばいちゃ☆