横浜DeNAベイスターズの先発ローテーション予想2020を勝手にしてみた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちは。Kちゃんです。

 

プロ野球の開幕がもうすぐそこまで迫ってきたということで、私が毎年個人的に行っている各球団の先発ローテーションと中継ぎ一覧の予想を今回はブログで取り上げていきます。

 

まず、今回は横浜DeNAベイスターズの2020年の先発ローテーション予想を行っていきますね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズの先発ローテーション予想

 

まずは、2019年の成績も含めて、今年予想される先発ローテーション投手一覧を書いていきます。

(☆は当確○は候補、●は穴場です。)

 

☆今永昇太(25試合 170回 13勝7敗 防御率2.91)

〇濱口遥大(17試合 82.1回 6勝5敗 防御率3.17)

〇上茶谷大河(25試合 134回 7勝6敗 防御率3.96)

〇石田健太(40試合 71.1回 4勝1敗10H 防御率2.14)

〇平良拳太郎(15試合 70回 5勝6敗 防御率4.11)

〇井納翔一(15試合 70回 4勝5敗 防御率4.76)

〇大貫晋一(15試合 66.2回 6勝5敗 防御率5.00)

〇ピープルズ(新外国人)

●京山将弥(9試合 35.2回 0勝6敗 防御率5.80)

●飯塚悟史(5試合 11.1回 0勝1敗 防御率11.12)

●坂本裕哉(2019年ドラフト2位)

 

あくまで、個人的な予想なので、実際と違うことはあると思いますが、その辺りはご容赦ください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズの先発ローテーションの考察と評価

 

今永投手はエースとして君臨していますが、それ以外の先発ローテは手薄感が否めないです。

 

東投手が今シーズンはもう計算できないのも痛いですね。

 

濱口投手が二桁勝つのは前提として、

  1. 石田投手
  2. 上茶谷投手
  3. 井納投手
  4. 平良投手

このうちの誰かが二桁勝つくらいじゃないと、今年はかなり厳しいと思いますね。

 

全体的に先発投手の防御率も高いですから、防御率ももう少し良くしないと厳しいです。

 

新外国人投手のピープルズ投手も未知数ですし、そもそも外国人枠の問題で投げれない可能性すらあります。

 

となると、日本人のみの先発ローテを組むしかないですから、5勝前後で止まっている投手たちの奮起を期待したいですね。

 

最後に

 

今回は横浜DeNAベイスターズの2020年の先発ローテーション予想をしてみました。

 

横浜DeNAベイスターズの中継ぎ投手陣の予想については、こちらの記事をご覧ください。

 

横浜DeNAベイスターズの中継ぎ投手予想2020を勝手にしてみた!
...

 

他球団の先発ローテーション予想や中継ぎ投手陣の予想については、随時こちらの記事に載せていくので、合わせてご覧ください。

 

プロ野球戦力分析2020!12球団の先発ローテーションと中継ぎ予想!
...

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

それでは、ばいちゃ☆

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球関連情報
Kちゃんをフォローする
Kchan'sメモリー

コメント