巨人(読売ジャイアンツ)の中継ぎ投手予想2020を勝手にしてみた!

 

こんにちは。Kちゃんです。

 

プロ野球の開幕がもうすぐそこまで迫ってきたということで、私が毎年個人的に行っている各球団の先発ローテーションと中継ぎ一覧の予想を今回はブログで取り上げていきます。

 

まず、今回は読売ジャイアンツの2020年の中継ぎ投手陣の予想を行っていきますね。

 

読売ジャイアンツの中継ぎ投手陣予想

 

まずは、2019年の成績も含めて、今年予想される(先発ローテーション投手/中継ぎ投手陣)一覧を書いていきます。

(☆は当確○は候補、●は穴場です。)

 

☆デラロサ(26試合 24回 1勝0敗8S5H 防御率2.25)

☆中川皓太(67試合 64.2回 4勝3敗16S17H 防御率2.37)

☆高木京介(55試合 54回 3勝1敗10H 防御率3.83)

☆澤村拓一(43試合 48.1回 2勝2敗1S13H 防御率2.61)

☆大竹寛(32試合 26回 4勝0敗8H 防御率2.77)

〇鍵谷陽平(45試合 43.2回 0勝2敗7H 防御率4.12)

〇戸根千明(26試合 22.2回 0勝1敗8H 防御率1.99)

〇宮國椋丞(28試合 29.2回 0勝2敗3H 防御率3.94)

〇田原誠次(25試合 16.2回 2勝2敗5H 防御率4.32)

〇ビエイラ(新外国人)

●畠世周(5試合 15.2回 0勝1敗 防御率6.89)

●鍬原拓也(15試合 19回 0勝1敗2H 防御率4.74)

 

あくまで、個人的な予想なので、実際と違うことはあると思いますが、その辺りはご容赦ください。

 

読売ジャイアンツの中継ぎ投手陣の考察と評価

 

中継ぎは先発と違って、全体的に駒は揃っています。

 

デラロサ投手は一年間いればある程度成績は残すでしょうし、中川投手も対策はされるでしょうがある程度はやれると思います。

 

大竹投手と澤村投手はシーズンによって全然違うので、今年はどうかは不透明ですね。

 

高木投手と戸根投手は原監督が大好きな投手ですが、やはり昨年しっかり活躍をしました。

 

今年もある程度起用されるでしょうし、安定した成績は残すでしょうね。

 

ただ、ジャイアンツの中継ぎは絶対的な投手がいないので、勝ちパターンに繋いでもひっくり返されることはある印象です。

 

特に、昨年は困った時は田口投手が投げていましたが、今年は田口投手は先発に回っているのでそこの穴は埋めないといけません。

 

今年は最初からデラロサ投手が抑えとしていますから、そこに繋ぐまでの投手陣を確立させてシーズンに臨みたいところですね。

 

最後に

 

今回は読売ジャイアンツの2020年の中継ぎ投手陣の予想をしてみました。

 

読売ジャイアンツの先発ローテーション予想については、こちらの記事をご覧ください。

 

巨人(読売ジャイアンツ)の先発ローテーション予想2020を勝手にしてみた!
...

 

他球団の先発ローテーション予想や中継ぎ投手陣の予想については、随時こちらの記事に載せていくので、合わせてご覧ください。

 

プロ野球戦力分析2020!12球団の先発ローテーションと中継ぎ予想!
...

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

それでは、ばいちゃ☆