巨人(読売ジャイアンツ)の先発ローテーション予想2020を勝手にしてみた!

 

こんにちは。Kちゃんです。

 

プロ野球の開幕がもうすぐそこまで迫ってきたということで、私が毎年個人的に行っている各球団の先発ローテーションと中継ぎ一覧の予想を今回はブログで取り上げていきます。

 

まず、今回は読売ジャイアンツの2020年の先発ローテーション予想を行っていきますね。

 

スポンサーリンク

読売ジャイアンツの先発ローテーション予想

 

まずは、2019年の成績も含めて、今年予想される先発ローテーション投手一覧を書いていきます。

(☆は当確○は候補、●は穴場です。)

 

☆菅野智之(22試合 136.1回 11勝6敗 防御率3.89)←2020年開幕投手

☆桜井俊貴(29試合 108.1回 8勝6敗 防御率4.32)

〇高橋優貴(18試合 93回 5勝7敗 防御率3.19)

〇戸郷翔征(2試合 8.2回 1勝0敗 防御率2.08)

〇メルセデス(22試合 120.1回 8勝8敗 防御率3.52)

〇田口麗斗(55試合 65.1回 3勝3敗1S14H 防御率4.13)

〇サンチェス(新外国人)

●今村信貴(17試合 81.2回 3勝2敗 防御率4.08)

●古川侑利(11試合 43.1回 2勝3敗 防御率6.44)

 

あくまで、個人的な予想なので、実際と違うことはあると思いますが、その辺りはご容赦ください。

 

読売ジャイアンツの先発ローテーションの考察と評価

 

山口俊投手がメジャーに移籍したことによって、かなり先発ローテは手薄になった感は否めないです。

 

菅野投手は昨年は不調でしたが、それでも11勝は挙げました。

ですが、昨年と同じような調子だと今年はかなり厳しいですね。

 

菅野投手で負けるようだと、他で二桁勝利を期待できる投手が現状いないですから。

 

メルセデス投手が昨年は良かったですが、今年は怪我をしているので開幕はいない可能性もありますし、桜井投手も今年はどうかわかりません。

 

田口投手が先発に再転向しますから、かつて二桁勝利を挙げていた時のように活躍してくれるとチームとしては助かりますね。

 

オープン戦初登板で打ち込まれたサンチェス投手ですが、この投手がハマってくれないとかなり厳しいです。

 

全体的に手薄な先発ローテですが、原監督の手腕とここに名前のない投手たちが奮起してくれれば、リーグ連覇も見えてくるでしょうから、楽しみに見ていきましょう。

 

最後に

 

今回は読売ジャイアンツの2020年の先発ローテーション予想をしてみました。

 

読売ジャイアンツの中継ぎ投手陣の予想については、こちらの記事をご覧ください。

 

巨人(読売ジャイアンツ)の中継ぎ投手予想2020を勝手にしてみた!
...

 

他球団の先発ローテーション予想や中継ぎ投手陣の予想については、随時こちらの記事に載せていくので、合わせてご覧ください。

 

プロ野球戦力分析2020!12球団の先発ローテーションと中継ぎ予想!
...

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

それでは、ばいちゃ☆