Translate:

【大学受験英語】単語や熟語、文法の暗記や勉強法に必須なアイテムを紹介

広告

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

広告

前回は大学受験英語の文法の勉強法や参考書、

覚える時期や場所と覚え方について

書かせて頂きました。

前回の記事を読んでいないという方は

下記の記事から読んでみてください。

今回は単語と文法で利用した覚え方について

書いていきたいと思います。

暗記に必須なアイテム

私が利用したのはズバリ赤シートですね。

これがないと私は暗記は無理でした。

by カエレバ

学生の方なら大体持っていると思います。

赤シート以外にも緑など色はありますが、

大事な部分は赤で書くことが多いと思うので

赤シートを私は使っていました。

赤シートの効果的な使い方

赤シートは赤で書かれた部分にあてると

その部分を隠すことができます。

出典 : 「https://bunkyo-kumihan.com/kumihan_blog/?p=2451」

具体的にはこのような使い方をします。

もし、黒字で書かれている場合などは

赤で塗りつぶしたりすることで対応可能です。

赤シートは単語帳などの間に挟めるので

一緒に持ち運ぶことも容易で

いつでも好きな時に暗記することができます。

このようなことから

電車の中での学習に最適と言えます。

単語と熟語、文法を効率よく覚えるには?

とにかく何回も反復練習をして覚えることですね。

人間の脳は一日で覚えたことの約75%を

その日のうちに忘れてしまいます。

一度覚えたとしても時間が経っていき

そこに新たな知識が積み重なると

なかなかすぐ浸透させるのは難しいです。

私は行きの電車は単語帰りは文法など

決めて暗記をしていました。

このように自分でルーティーンを決めて

あまり間隔が空き過ぎないように

暗記作業を進めていくことをおすすめします。

単語や熟語、文法を覚えてきたら?

ある程度単語や熟語、文法を覚えてきたら

長文読解をしていく必要があります。

大学受験英語のほとんどの問題は

この長文読解で占められていますからね。

しかし、ある程度単語や熟語、

文法などの知識がついてきたとしても

自分が今どれくらい読めるかはわかりません。

簡単すぎる長文は読んでも時間の無駄だし

難しすぎる長文はいきなりは読めません。

次回はそんな個人のレベルに合わせた

長文の問題集を紹介していきたいと思います。

【追記】

記事を更新しました。

広告