Translate:

【大学受験英語】単語と熟語を連動させた効率いい覚え方や勉強法

前回は大学受験英語における

単語の勉強法や参考書、

おすすめの暗記時期と場所について

書かせて頂きました。

前回の記事を読んでいないという方は

下記の記事から読んでみてください。

今回は熟語の覚え方について

私の経験談から書いていきたいと思います。

広告

単語を覚えながら熟語も連動して覚える

私は時間を効率的に使いたい人なので

単語も覚えながら熟語も覚えるのが

一番効率よくできるのです。

by カエレバ

私が利用していたFORMULA1700

その単語が使われている熟語も

わかりやすく覚えやすく紹介しているので

熟語も連動で覚えていました。

他にも単語帳の中には熟語が載っているものは

たくさんあります。

単語帳は自分に合ったもので大丈夫ですが、

どうせなら熟語も合わせて覚えられるもの

一石二鳥でいいと思いますので

参考にして頂ければと思います。



文法の参考書も連動するのがいい

これも私が熟語を覚えるために

やっていたことの一つです。

私が使っていた文法の参考書には

熟語も結構載っていたのです。

by カエレバ

英語は最終的に長文読解できなければ

大学受験英語においては役に立ちません。

そのために単語や熟語、文法を覚えます。

しかし、私はそこまで

熟語の暗記は重視しなかったので

効率よく覚えることを重視しました。

これは私個人の感想ではあるんですが、

単語や文法は覚えないと厳しいですが

熟語の場合は単語の組み合わせから

意味を推測することができます。

そういうこともあり単語帳と英文法の参考書で

私は乗り切りました。

熟語をそこまで重視しなかった理由

これは結論から書かせて頂くと、

知らなくてもなんとかなるからです。

大学受験英語において

単語と文法は必須ですが、

熟語は知らなくても読み解くことはできます。

熟語だけの穴埋め問題なども

あまり多くありませんし配分も少ないです。

それを考えると優先順位が下がります。

何より受験生は時間が限られているので

全てを完璧にマスターするのは難しいです。

そういうこともあるので、

私は熟語は必要最低限の数を

単語や英文法の参考書と一緒に

覚えることに専念しました。

現に私はこれで大学受験を突破してるので

おすすめの方法ではあります。

文法の覚え方は?

これまで単語と熟語の覚え方について

私の体験談から書いてきました。

では、文法はどのようにして覚えるのが

いいのでしょうか?

次回はこの辺りについて

書いていきたいと思います。

【追記】

記事を更新しました。

広告