Translate:

告白の方法にラインはあり?学生の頃の手紙とメールの告白体験談(手紙編)

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

広告

前回は今と違った少し前のメールでの告白体験談について書かせて頂きました。

前回の記事を読んでいないという方はこちらから読んでみてください。

今回は手紙での告白体験談について書いていこうと思います。

手紙での告白体験は小学2年生の頃

今回のこの手紙での告白体験は告白された側です。

手紙で告白をする勇気は私にはないので

したことはないです。

この手紙で告白体験というのは小学2年生の頃で、

前に記事でも書きましたが宮崎に住んでいた頃があったんです。

その際の記事⇒ 父親の仕事で宮崎から東京に転校した私が感じた田舎の良い点、悪い点

私が手紙で告白されたのはちょうど東京に引越しが決まり、

宮崎の小学校の登校日が最後の日でした。

相手の女の子はどんな関係?

どんな関係と言ってもただのクラスメイトの女の子(ここではAちゃんとします)です。

当時、私は仲の良い親友が2人いて小学2年生の時に

同じクラスだったんです。

Aちゃんは今思うと可愛らしい子でした。

私とAちゃんは身長が小さかったことからいつもクラスの背の順では

お互いに一番前だったんですね。

そこで結構話すことも多くて私はよくからかったりしていました。

小学校低学年によくありがちなパターンですね。

登校最終日にもらったプレゼントと記念撮影

上記の記事にも書きましたけど、

私が東京に引っ越すことが決まって迎えた登校日ラストの日に

クラスでお別れ会をやってくれたんです。

その際にはみんなでレクリエーションなどをして遊んだり

楽しい時間を過ごしました。

最後に記念撮影もあったのですが、

その前にプレゼントを一人一人から頂きました。

いろんなプレゼントがあったのですが、

Aちゃんからもらったのは正直覚えてなかったんです。

その時は嬉しくてたまらなかったので

プレゼントをみんながくれたこと自体が非常に嬉しかったんだと思います。

そして、最後に記念撮影をしたんですけど、、、

これ非常によく覚えているんですよ。

というのも、普段そこそこおとなしいAちゃんが記念撮影の時は

私の隣を譲らなかったんですよね。

これは非常に忘れられないし写真は今でも机にしまってあります。

東京に戻ってから気づいた手紙

手紙に気づいたのは東京に引っ越してから数日後でした。

母親に手紙を手渡されて中身を見て知りました。

これは私にとって生涯一つだけの手紙(ラブレター)でしたし、

私自身も好意はあったので非常に嬉しかったです。

私は返事を書いて手紙を送りました。

さすがにその後はやり取りもなかったんですけど、

今となってはいい思い出ですね。

手紙のメリット・デメリット

手紙はメリット・デメリット共にあると思います。

メリットとしては、LINEやメールとは違って

文字が手書きである分、気持ちが通じやすいということです。

もちろん相手の表情などはわからないので直接言うに越したことはありませんが、

手紙は手書きであればその文面から思いは伝わるし

何より相手のために時間をかけて書いたことが伝わります。

これはLINEやメールにはないメリットだと思います。

デメリットとしては、返事が遅いということでしょうか。

直接渡すにしてもその場で返事がもらえるわけではないので

どうしても時間がかかるのはデメリットだと思います。

いろいろ2記事にわたって書いてきましたけど、

告白は今はいろいろ手段があると思います。

どれが悪いとかはないと思いますが、

メール(LINEもほぼ同じ)や手紙のメリットやデメリットを

私の体験談から書かせて頂きました。

もし、好意を寄せる相手がいてこの記事を読んで頂けたのなら

参考になっていると幸いです。

広告