Translate:

【田舎暮らし】幼稚園と保育園の違いや時間、入園した年齢と年中からの理由【体験談連載(2)】

スポンサーリンク

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

スポンサーリンク

前回から私の体験談連載ということで

幼少期の田舎暮らしについて

書かせて頂きました。

前回の記事を読んでいないという方は

下記の記事から読んでみてください。

今回は幼稚園のことについて

書いていきますね。

幼稚園と保育園の違い

まずは幼稚園と保育園があるので

それをいくつかまとめて

整理しておきたいと思います。

行政における幼稚園と保育園の管轄

私が入園した幼稚園を管轄しているのは

文部科学省です。

保育園を管轄しているのは厚生労働省です。

この違いは意外と知らない方も

多いのではないでしょうか?

代表的な違いとして

行政における管轄が違うということを

覚えておきましょう。

幼稚園と保育園に入園できる年齢

幼稚園と保育園では入園できる年齢も違います。

  • 幼稚園 : 満3歳~満5歳まで
  • 保育園 : 0歳~5歳

幼稚園は3歳~5歳ではなくて

満3歳~満5歳というところがミソです。

保育園は0歳からでも可能で

ここでも大きな違いがありますね。

幼稚園と保育園に預けられる時間

幼稚園と保育園に預けられる時間にも

違いがあります。

  • 幼稚園 : 1日4時間、長期休業はなし
  • 保育園 : 1日8時間(延長あり)、長期休業あり

預けられる時間は保育園の方が長く、

夏休みなどの長期休業期間も

保育園では預かってくれます。

この点では保育園の方が優れているのが

わかりますね。

私が幼稚園に年中から入園した理由

ここまで幼稚園と保育園の違いを

まとめてきました。

当時の私はこれらを加味して

幼稚園に入園しました。

私が幼稚園に入園したのは

年中からでした。

保育園ではなく幼稚園を選んで

年中から入園したのは2つ理由があります。

  • 3歳で幼稚園に預けられるような状態ではなかった(親から離れるとすぐ泣くような子だった)
  • すぐ泣くような理由から保育園に預けることはないので、心身の発達を助長するために幼稚園を選んだ

今振り返ると当時はこれで

良かったと思いますね。

都会ではなく田舎の幼稚園だったので

すごい暖かい人がより多かったと

今振り返ると思います。

卒園した今でも当時の幼稚園のことは

一番思い出として残っていますし、

先生や園長のことはよく覚えています。

先生や園長先生とは縁があって

いずれ体験談でも書いていきますね。

無事に幼稚園を卒園

思い出はたくさんできましたし

友達もたくさんできました。

宮崎という田舎でずっと

楽しく暮らしていくと思って

幼稚園を卒園して小学生になりました。

次回はその際のことを書いていきますね。

~体験談連載(3)へ続く~