Translate:

【私的】センター固定の欅坂46と変化があるNGT48の差と違い

スポンサーリンク

前回は私が思う欅坂46NGT48の現状とセンターと

劇場の有無の違いなどについて書かせて頂きました。

前回の記事を読んでいないという方はこちらから読んでみてください。

⇒ 私が思う欅坂46とNGT48の現状。センターと劇場の有無の違い

今回は違いや差についてもう少し詳しく私なりに書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

欅坂46とNGT48の明確な違い

これはまず単刀直入に書かせて頂きますと、

選抜制度があるかないかの違いです。

※欅坂46がないというだけでNGT48だけと違う点ではありませんが、

ここでは欅坂46とNGT48の違いについて説明しているのでご了承ください。

欅坂46には現状、選抜制度というのがありません。

漢字欅のメンバーは全員選抜でポジションだけが毎回変わり、

その中でも最年少の平手友梨奈がずっとセンターを務めています。

一方のNGT48には選抜制度があり選抜とアンダーに分かれます。

そして、センターポジションもデビュー前の暫定からも含めて、

加藤美南、高倉萌花、中井りか、荻野由佳と毎回変わってきています。

これがまず目に見えるわかりやすい明確な違いですね。

私個人としては、お披露目から欅坂46をずっと応援していますけど、

未だにこの選抜制度が導入されていないというのは納得がいきません。

その理由に関しては次の理由によるものになります。



ハッキリと違う意識の問題

これは私の持論というかそうでないとおかしいと思っているんですけど、

アイドルの世界って弱肉強食の世界のはずです。

つまり、グループに所属をしている以上は

センターを目指すべきだと思っています。

もちろんセンターだけが全てではないんですけどね。

ここでいうセンターを目指すというのはセンターが大事というよりは

向上心を常に持って取り組むことが大事ということを意味しています。

アイドルだけに限らないとは思いますが、今の現状に満足したらおしまいですから。

私が現状見ている限りではNGT48にはその意識が非常に感じられます。

アンダーに落ちるかもしれないという危機感を常に持っているからこそ

選抜メンバーは慢心しないし、

頑張っていれば選抜入りや総選挙でランクインをすることもあります。

なので、NGT48はデビューこそ1年遅れましたけど、

常に向上心を持って危機感を感じながら活動していると思います。

しかし、欅坂46はどうでしょう?

もちろん向上心や危機感を持っていないわけではありません。

ただ、前回の記事で欅坂46は飽きられて古参のファンが離れている

ということを書きました。

これは、今の現状に満足していて何も変化がなくてつまらない

と捉えられたからではないでしょうか?

それぞれのグループのファンでも違う意識の違い

今回の記事も長くなってしまいそうなので、

一回ここで区切らせて頂きたいと思います。

次回はそれぞれのグループのファンでもそれぞれ違う意識の違いを

書いていきたいと思います。

【追記】

記事を更新しました。

【私的】欅坂46のファンはセンター平手友梨奈固定に危機感を持つべき

スポンサーリンク
スポンサーリンク