Translate:

【休職手続きの方法】精神科で診断書を頂いた後に会社からきたメールを全文公開

スポンサーリンク

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

スポンサーリンク

前回は精神科の先生に診断書を出して頂き休職する

という選択をしたことについて書かせて頂きました。

前回の記事を読んでいないという方はこちらから読んでみてください。

会社を休職するに至った理由については

下記記事より参照してください。

今回は会社にどう報告したかについて書いたいきたいと思います。

悩んだ会社への報告方法

これが一番の自分の中での悩みでした。

やはり報告するなら

  • 直接会社に行って報告する
  • 最悪でも電話で報告する

この二つだと思うんですよね。

しかし、この時の私はどちらもできない状態でした。

というのは、この二つとも共通しているのは

上司の声を聞かなきゃいけないということなんですね。

これがこの時の自分は恐くて恐くて。。

何を言われるかわからないという恐怖が強かったので、

この時の自分は何とかメールで報告できないかな。。と思っていました。

課長からきた1通のメール

診断書をもらった翌日の午前中に課長からメールがきていました。

そのメールを一部隠させて頂きますが、全文公開したいと思います。

○○君

お疲れ様です、○○です。
体調不良で休みを取っている件について今朝報告を受けました。
体調は大丈夫でしょうか。

さて、今回の件についてラインで同期に連絡をしているそうですが、
急遽会社を休むのであれば、少なくとも先輩や上司に電話で報告を
入れる必要があります。

今回は私宛で構いませんので、まずは病院での診断内容の報告を
してください。(そもそも病院には行きましたか?)

(ここは伏せさせて頂きます。)

以上、体調が悪い所申し訳ないですが返信願います。

このようなメールがきていました。

私の会社では電話は新人が出ることになっています。

なので、休みの連絡をする際は

会社に電話をして会社にノートがあるのでそれに記入するんですね。

もちろんダメとはわかっていましたが、

会社に電話をするのも嫌だったので同期のライングループで

連絡をしたんです。

そしたらこのような内容のメールが課長からきたわけですね。

課長の仰る通りだと思います。

ただ、ここで病院には行きましたか?という問いがけをしたくれたので

診断書を頂いたということは言いやすかったですね。

本日の私

本日はお盆二日目ということで今は野球を観ながら

このようにブログを更新しています。

休職中ということで基本的にゆっくりはできるのですが

平日は外で作業をしているので休みの日はゆっくりできますね。

お盆は体を休めつつ作業もしていこうと思います。

次回はこの課長からのメールにどう返したかを書いていきたいと思います。

【追記】

記事を更新しました。