Translate:

【休職手続きの方法】精神科で初診で診断書をもらうことは可能なのか?

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

広告

前回は精神科に行って問診された内容について書きました。

前回の記事を読んでいないという方はこちらから読んでみてください。

今回は精神科の先生から出された3つの選択肢について書いていきたいと思います。

精神科の先生から出された3つの選択肢

いろいろと問診されて先生から出された選択肢は3つでした。

  • このまま先生から一般的なアドバイスを受けながら会社に通う
  • 薬を飲みながら頑張って会社に通う
  • 診断書を出して会社を休養する

この3つの選択肢が出されました。

それぞれについて書いていきたいと思います。

このまま先生から一般的なアドバイスを受けながら会社に通う

これは言葉の通りで、このまま会社に通いながら

何かあった時は先生にそのことを話しアドバイスを受けるというものですね。

これに関しては他に薬を出すとかではなく、

会社に通っていきながら様子を見る=もう少し我慢する

こういうことですね。

薬を飲みながら頑張って会社に通う

これはどういう薬かと言うと、

  • 精神を落ち着かせる薬
  • よく眠れるようにする薬

この2種類の薬ですね。

問診を受けているうちに精神が不安定ということと

夜中などに起きてしまいなかなか寝つきが悪いということから

この2種類の薬ということでした。

これらの薬を飲みながら

会社に通っていきながら様子を見る=もう少し我慢する

こういうことですね。

診断書を出して会社を休養する

これだけが今までと違う選択肢で会社を休養する=休職する

という選択肢ですね。

ただ、これはこの時はまだ早いのではないか?

ということを先生には言われました。

しかし、どうしても辛いなら診断書を書いて休むことはできる

ということは言われましたね。

私が選んだ選択は……

結論から書かせて頂くと診断書を出して休職をすることでした。

精神科に行った私の心理的には、

アドバイスや薬で何とかなるならとっくに自己解決できている

という感じでした。

なので、正直今の自分は会社に行くのが限界で行ける状態じゃなかったので

初診で診断書を出してほしかったのです。

よくネットなどでは初診ではもらいにくいということが多かったですが、

私の場合はまだ早いのではないかとは言われていたものの

先生から診断書を出して会社を休むという選択肢を出して頂いて

ありがたかったです。

本日の私

本日は休みなので好きな野球を見たり少し寝たりしながらゆっくりしています。

平日はいろいろ作業をやって気を張っている分、

休みに日は少しゆっくりして体を休めたいと思います。

休職をするという決断をして診断書を頂いたわけですが、

当然これを会社に報告しなくてはなりません。

次回はどう報告したかという点を書いていきたいと思います。

【追記】

記事を更新しました。

広告