Translate:

【適応障害(うつ病)】休職して2ヶ月の私が会社に送ったメール(全文公開)と振り込まれた傷病手当金の金額

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

最近は私の日常などについては書いていませんでしたね。

前回の記事を読んでいないという方はこちらから読んでみてください。

この時を含めて約2ヶ月、休職をしている私の現状について

書いていきたいと思います。

現在の状況

現在も変わらず休職をしながら平日は外に出ております。

会社を休職するに至った理由については

下記記事より参照してください。

前回は8月末に課長と社長と面談をしました。

面談の内容については下記記事より

それぞれ参照してください。

その際に傷病手当金の申請書を頂いて、後日記入をして

会社に郵送をして会社側に申請をして頂きました。

これについてはまた別記事で書きたいと思います。

本日9月26日は面談予定ではあったんです、

私の体調が優れないということもあり延期をして頂きました。

ただ、本音を言うと会社の人と会うということに対して

非常にストレスを感じてしまったために延期をしたかったのです。

会社に送った延期したいというメール

延期をしたいというよりはしばらく会いたくないというのが強かったので、

それを思いながらメールを送りました。

今回はそのメールを一部伏せさせて頂きながら、全文公開したいと思います。

○○課長

お疲れ様です、○○です。
9月に入ってからあまり体調が優れず
病院の医師とも相談をした結果、
しばらくは一旦会社との連絡はメールだけにして
少しでも休める環境を整えた方が良いという決断になりました。
(ここは伏せさせて頂きます。)
傷病手当金の振込みをして頂き、ありがとうございます。
○○~○○についても病院の医師の証明は頂いたので
郵送で送らせて頂きますので、手続きをよろしくお願い致します。
勝手なことと重々承知してはいますが、
ご理解の方よろしくお願い致します。

このようなメールを送りました。

会社との連絡をメールだけにしたかった理由

これにはちゃんと理由があるんですね。

前回の面談の際に、課長と社長がいらっしゃたんですけど、

私はそれが嫌だったんです。

休職をしている以上は会社のことを忘れて休みたいのに

月1の面談で課長はまだしも社長と会っていたら

私はゆっくり心が休まらないと思ったんですね。

メール連絡のみにすれば課長のみとの連絡になると思って

安心してる自分がいたんです。

また傷病手当金については給料日である昨日25日に

ちゃんと振り込まれていたのでそれのお礼も加えました。

会社側からの返信

本日面談予定だったところにあのようなメールを送れば

当然会社側からも返信がきます。

次回はその返信内容について書いていきたいと思います。

【追記】

記事を更新しました。