Translate:

【適応障害(うつ病)】新入社員の私に休職中にきた傷病手当金の手続きに関する会社からの1通の電話

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

私は現在は休職手続きを済まして傷病手当金の審査を待ちながら

過ごしております。

前回の記事を読んでいないという方はこちらから読んでみてください。

傷病手当金というものに関しては

下記記事を参照してください。

会社との面談の翌週に

精神科への3回目の通院をしました。

しばらく最近の様子を書いていなかったので

この期間をどう過ごしているか参考程度に書きたいと思います。

会社から一通の電話が!?

実はこの休職手続きを済ませてから

一度だけ会社から電話がかかってきたんですよ。

本当はでたくはなかったんですけど、

おそらく傷病手当金申請書に記入漏れがあったからだと

予想がついたのででました。

案の定、その電話でした。

結局、一度私の家に郵送して記入と印鑑を押して

もう一度会社に送り返すという対応になりました。

この作業自体は何てことなかったのですが、

これにより傷病手当金の申請が遅れることになるということで

私としては非常に萎えましたね。

会社に送った謝罪文

電話の時にも謝罪はしましたが、

やはり郵送を完了した際にもメールで良いので

謝罪のメールを送るべきだと思います。

今回は参考程度に、私が会社に送ったメールを

一部伏せさせて頂きますが全文公開したいと思います。

○○課長
お疲れ様です、○○です。
この度はこちらの記入漏れによりお手数おかけしまして申し訳ありません。
先ほど郵送が完了しました。
明日の午前中には届くとのことです。
傷病手当申請書と共に印鑑も封入したので
ご確認お願いします。

私の場合は電話で何か印鑑を送ってくれと頼まれていたので

封筒に印鑑も封入していたのでこのような文章にしました。

基本的にはこんな感じで大丈夫だと思います。

会社からきた返信メール

これも参考程度ですが、会社からきた返信メールも

全文公開したいと思います。

○○君

お疲れ様です、○○です。
返送の件承知しました。
到着次第手続きしておきます。

印鑑の件も対応ありがとう。

以上です。

このように何事もなく返信がきたので

会社とのやり取りに困っている方の参考になったらと思います。

現在の過ごし方

現在の私は平日は朝5時台に家を出て、

都内のとあるお店で毎日パソコンを持ち歩いて作業しています。

ただ、まだこの生活に慣れているわけでもなく

金銭的にも厳しいので質素な生活を送っております。

でも、こんな自分でもこれから人生を生きていけるんだということを

このブログで証明していきたいと思っています。

ちなみに、昼飯代がもったいなくて今まで昼飯をカットしていましたが、

本日から昼飯を食べることにしました。

昼飯を抜くと一日の楽しみも減るし集中力も欠けます。

なので、多少の出費は増えますが、

その分集中して頑張っていきたいと思います。

これからも私の体験談や思うことなどを

できるだけ有益に届けていきたいと思いますので

こんな私をよろしくお願いします!

【追記】

記事を更新しました。