【適応障害(うつ病)】新入社員の私が休職の手続きで会社の人と会う日の朝の心境

スポンサーリンク

前回は新入社員の私が休職するために会社の人と会う前日の心境について

書かせて頂きました。

前回の記事を読んでいないという方はこちらから読んでみてください。

会社を休職するに至った理由については

下記記事を参照してください。

今回はあと約3時間後に迫った会社の課長との面会について

直前の心境を書いていきたいと思います。

意外とすんなり寝れた夜と眠い朝

前日は23時頃に就寝したのですが、

不安等々を抱えながらベッドに入りました。

しかし、なかなか寝れないかな?とちょっと心配をしていたのですが、

意外とすんなり寝ていたと思います。

たぶん、ベッドに入って10分くらいで寝ていたと思います。

ただ、それとは裏腹に朝は起きるのが嫌でしたね。

目覚ましが鳴って目覚めたのですが、

すぐにはベッドからは出なかったです。

やはり本日の面会に不安がっている自分がいるのがわかりますよね。

いつものお店でリラックス

現在はいつものお店でこの記事を書きながらアイドルソングを聴くなどして

リラックスさせてもらってます。

幸いにも火曜日は母親が早く起きてくるので朝食を食べることもできたし

そこは良かったと思います。

やはりこういう時に心を落ち着かせてくれるのは音楽ですよね。

人それぞれ好きな音楽のジャンルは違うとは思いますが、

私は辛い時はいつもアイドルソングに元気をもらってきたので

出発するまではこのアイドルソングに癒されようと思います。

大きい友達の存在

私は昔から友達が多くなく、狭く深くというタイプです。

信頼できる友達や知り合いは何人かいるのですが、

会社を休職していることまで話せる友達は本当に数人しかいません。

ただ、その友達の一人が

『困ったら何でも頼ってよ!』

ってLINEで励ましてくれたんですよね。

こういう一言ってすごい嬉しいんですよね。

私にとっては数少ない何でも話せる友達なんですけど

これからも困った時は頼っていきたいし、

彼が困っている時は何でも助けてあげられる存在でいたいなと思いました。

もう3時間後には面会

こうやってブログに思いを綴っているうちに面会時間まで

あと残り約3時間となりました。

面会する場所は会社ではなく飲食店で行うので

おそらく1時間前後くらいで終わると思います。

休職期間中のことでいろいろ聞きたいこともあるので

会うのは精神的には辛いですが、

しっかり話を聞いてきたいと思います。

面会が終わった後にどういう話をしたかなどについては

また書かせて頂きますね。

【追記】

記事を更新しました。