【適応障害(うつ病)】新入社員の私が休職の手続きで会社の人と会う前日の心境

スポンサーリンク

前回は大学生だった私がネットビジネスに本気で取り組みたいと思った

2つのきっかけについて書かせて頂きました。

前回の記事を読んでいないという方はこちらから読んでみてください。

面談前にした精神科への2回目の通院の

診断内容については下記記事を

参照してください。

今回は明日(8月22日)に会社の課長と会って

休職期間のことについての説明などを受けるので、

今の心境等について同じような立場の方がいらっしゃった際に

参考になればと思い、書いていこうと思います。

不安と恐怖

正直、これがすべてだと思います。

そもそも休職に至った理由については

下記記事を参照してください。

まず、会う瞬間が一番怖いですよね。

『何を言われるんだろう?』

『嫌味を言われたり怒られたりするのかな?』

このような思いも正直あります。

現状、お会いするのは課長一人だと思っていますが、

もしかしたら他の人も来るのかな?

などと不安に思っている自分もいます。

他の人が来ると正直嫌ですね。。

やはり何か言われるんじゃないかとか

いろいろと圧力をかけられるのではないかと不安になりますから。

これを乗り切れば。。

しかし、逆にここで会社の人と一度会って

休職期間のことをしっかり聞いてしまえば休職をできるわけです。

会社の人たちに迷惑をかけてしまうのは本当に申し訳ないですが、

今の自分はこのまま働いていてもかえって迷惑をかける

と判断したわけなのでこれくらい割り切って明日に臨んでもいいのかな

と思っております。

仮に何か嫌味を言われたり怒られたりしたとしても、

ここを乗り切れば会社のことを気にせず休むことができる

とそれくらいの思いを持って耐えてこようと思います。

無事に休職手続きが済んだら。。

明日、無事に休職手続きを済ませたら、

少しゆっくりしたいですね。

8月1日から休んではいますが、この休職手続きが終わらないと

ずっと心がモヤモヤしたままなので。

金銭的なことに関しても、明日の手続きをする際に話は出ると思います。

おそらく、休職期間中は無給のはずなので

傷病手当などを受け取るなどの話はされるだろうと

精神科の先生には言われたので、そこの部分もちゃんと聞いてこようと思います。

そこで金銭的な部分がハッキリすれば落ち着くこともできますからね。

このままではずっと無給で金銭的に生活に困ってしまうので。

今は非常に不安でいっぱいではありますが

明日課長と会って無事に手続きが終われば、

一旦気を楽にすることができるので

明日は何とか気持ちを強く持って頑張ってきたいと思います。

明日の朝に課長と会う直前の心境を書きたいと思います。

【追記】

記事を更新しました。