Translate:

【適応障害(うつ病)】休職した新入社員の私が会社との面談を延期した後の6回目の精神科への通院

広告

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

広告

前回は適応障害で休職した新入社員の私が

5回目の精神科への通院と言えない悩みについて

書かせて頂きました。

前回の記事を読んでいないという方は

下記の記事から読んでみてください。

今回は6回目の精神科の通院について

書いていきたいと思います。

6回目の精神科は会社との面談前

前回の通院では会社との面談を

延期した上で話をしました。

なぜ延期したかという理由については

下記記事よりご覧ください。

今回の診断では医師の方に

傷病手当金の申請書を記入してもらいつつ、

この時の体の状態や精神状態を伝えました。

具体的に医師と話したこと

もちろんこの時の段階では

会社との2回目の面談もしていないので

話に進歩があったわけではありません。

逆に一度延期をしてしまったことで

この翌週の面談が怖いくらいでした。

2回目の面談を行った際には

今後の進展もあるだろうということで、

その話を聞いてから今後のことを

また更に考えていくことになりました。

私はこの時期にはすでにブログ開設2ヶ月目で

少しずつ独立への準備も始めてはいました。

独立へのきっかけは下記記事よりご覧ください。

とは言うものの、

まだこの時には医師にも話せませんでした。

7回目の精神科は…

この6回目の通院の翌週に

会社との2回目の面談は行われました。

2回目の面談の内容については

下記記事よりご覧ください。

この2回目の面談の翌週、

つまり今回の6回目の通院の2週間後に

精神科への7回目の通院をしました。

次回は7回目の通院で

医師と話した内容について

書いていきますね。

【追記】

記事を更新しました。

広告