Translate:

【適応障害(うつ病)休職】休職期間の説明と社会保険について会社からメール(全文公開)

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

広告

前回は会社に休職することを伝えた際の会社側からの返信メールについて

書かせて頂きました。

前回の記事を読んでいないという方はこちらから読んでみてください。

今回はその返信メールの続きについて書いていきたいと思います。

社会保険の申請書類準備ができたとのメールがきた

前回のメールでこんな文章があったのを覚えているでしょうか?

休職手続きの為に一度会社へ来てもらう必要がありますが、
会社側で社会保険の申請書類の準備などが必要な為、少し先に
なりそうです。

準備が出来次第、改めて日程を連絡します。

社会保険の申請書類の準備に時間が少しかかるということで

このメールの後はしばらく間が空いたんですね。

社会保険の申請書類の準備ができたというメールがきたのが

約1週間後でした。

自分もまだ詳しくは把握はしていないのですが、

この社会保険の申請書類がなぜ必要なのかというのは

おそらく、今まで会社と折半して払ってきた社会保険を

休職することで全額自分で負担しなくてはならないために必要なんでしょうね。

社会保険は休職しても毎月支払わないといけないみたいですから。

会社からのメールを全文公開

ここでいつものごとく、一部伏せさせて頂きますが、

会社からのメールを全文公開したいと思います。

○○君

お疲れ様です、○○です。

社会保険の申請書類準備が出来ました。
休職期間についてや社会保険手続きについての説明をしますので、
お盆休み明けの8月22日(火曜日)9時30分に会社に来てもらえ
ますか。

その際に印鑑、医師の診断書、筆記用具を持ってきてください。

尚、このメールを確認した後、確認した旨返信ください。

以上です。

こんな感じですね。

8月22日ということでこの記事を書いている今もまだ課長と会ってないので

正直、ドキドキではあるし不安ではあります。

このメールを見た際に一つ困ったのは、

会社に来てもらえますか。

という点ですね。

それができれば苦労してない。。

という話なので、自分は課長にある提案をしてメールを返しました。

本日の私

本日は私の会社はお盆最終日なので、

好きな動画とかを見ながらゆっくりしています。

と言っても、また二日頑張れば土日ではありますけどね。

今日はこのままゆっくりして夜は野球を観ようと思います。

次回はこの課長からのメールにどう提案して返信したかについて

書いていきますね。

【追記】

記事を更新しました。

広告