Translate:

【休職手続きの方法】会社に適応障害(うつ病)を伝えた際の返信メールを全文公開

スポンサーリンク

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

スポンサーリンク

前回は休職することを会社に伝えた際に気をつけた事と返信メールを全文公開しました。

前回の記事を読んでいないという方はこちらから読んでみてください。

今回はこのメールに対してどう会社から返信がきたかについて

書いていきたいと思います。

会社からの返信内容

今回も会社からの返信内容を一部伏せさせて頂きますが、

全文公開したいと思います。

○○君

お疲れ様です、○○です。
返信ありがとう。

病状や現状について承知しました。
休職の件についても社長に相談の上了承を取っておきましたので、
まずはゆっくり療養してもらえばと思います。

尚、休職手続きの為に一度会社へ来てもらう必要がありますが、
会社側で社会保険の申請書類の準備などが必要な為、少し先に
なりそうです。

準備が出来次第、改めて日程を連絡します。

以上です。

こんな感じですね。

返信メールを見た時の私の心境

まずは正直に、ホッとしました。

何て言われるんだろうという恐怖が多少なりともあったので

会社側が了承をしてくれてありがたかったです。

しかも、このメールは私が返信してから約4時間後に返信がきましたが、

このわずか4時間の間に社長にも了承をとって頂いたのは

本当にありがたかったです。

この返信を見て私が感じたことは、

迷惑はかけてしまうかもしれないけど会社はちゃんと対応してくれる

ということですね。

正直、気まずさとかもありましたけど、

ちゃんと対応をしてくれる会社には本当に助けられました。

新入社員の自分なんかでもこのように丁寧に対応をして頂いたのは

感謝しかないです。

このようなことを考えると、

精神科に行くほど辛いなら思い切って休職して休むべきだと思いますね。

それだけ辛い状態で働いていても本人にとっても会社にとっても

メリットはないですから。

時には休む勇気も必要だと思います。

本日の私

本日は携帯をiPhone7に代えてきました!

今まで4年間同じ携帯を使っていたんですが、

さすがにいろいろと限界が近づいていて。。

Androidをずっと使っていたのでここで初めてiPhoneに代えてみました。

まだ操作に全然慣れないので、これから使いこなしていきたいですね。

次回もこのメールの続きの内容について書いていきたいと思います。

【追記】

記事を更新しました。