Translate:

辞めたいと後悔しない様にやりたい仕事を探す重要性とおすすめのネットビジネス

スポンサーリンク

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

スポンサーリンク

前回は自分の好きなことを仕事にしている割合とその職業について

考えて書いてみました。

前回の記事を読んでいないという方はこちらから読んでみてください。

今回は少しでも好きな仕事を選ぶことができないかということを

メンタル的なことや環境面を交えて書いていきたいと思います。

自分のやりたい仕事があるかどうか

まずは極論これに尽きると思います。

このやりたい仕事があるかどうかで全然変わると思うので

それぞれについて書いていきたいと思います。

やりたい仕事がある人

私からすればこれは本当にうらやましい話だなって思います。

やりたい仕事があればそれに向かって頑張るだけですからね。

就活をする際にも強い意志を持って臨むことができますし、

就職をした際にも学ぶことが楽しくて仕事が楽しく感じるかもしれません。

ただ、注意した方が良いと思うことは

  • 自分の意志を曲げないこと
  • 入社してからイメージと違っても最初はしょうがない

この2点だと思います。

自分の強い意志を曲げてしまうと苦痛になることもあるでしょうし、

思ってたのと違う方向に行ってしまう危険性もあります。

そして、いくら自分の好きな分野で就職できたと言っても

最初は新人なのでまだ自分のやりたいことなんてできません。

なので、自分のやりたい仕事があるという方は

これらのことに注意して頑張ってください!

やりたい仕事がない人

これがなかなか困るんですけど、

私も含めてやりたい仕事がある人の方が少ないと思います。

その中で、

  • 好きではないけどなんだかんだやれている
  • 最初は好きではなかったけど、だんだんやりがいを感じてきた

こういうことってあると思います。

というか、世の中の人たちは大抵こんな感じだと思います。

でも、中には私と同じように休職をしている方や

定職に就かずフリーターとして働いている人もいると思います。

世間的に見ればこれらはどうしようもないと思われるのでしょうが、

私は自分が実際に休職をしてみてそうは思わなくなりました。

私は、やりたい仕事がないという人は嫌なら定職にはつかず

フリーターだろうと自分の好きなことをすればいいと思うからです。

私自身まだ実家暮らしではありますが、毎月家にお金も入れています。

そして、何一つ親に迷惑はかけていません。

何が言いたいのかというと、

もう大人なんだから他人に迷惑をかけずに責任を持って行動すれば

どう過ごしていてもいいと思うということですね。

私は父親が非常に優秀で父親の言うことにはある程度従って

それが全てだと思っていた時期がありました。

しかし、父親が若い頃と今では時代が違います。

その典型として昔はなかったものとして

今はネットが普及しています。

ネットは誰でも普段利用するはず…。

やりたい仕事がない人というのはネットビジネスが一番おすすめだと思います。

私自身まだまだ独立してやっていけるレベルではないですが、

こうやって文章を書くことは昔から好きですし慣れています。

なので、このようにブログを立ち上げて私が思うことなどを

役に立つように発信してきています。

やりたい仕事がないという人でもネットは毎日見るはずです。

その毎日見るネットの世界で生計を立てられるようになったら

それも自分の好きなことで仕事をすることだと思うんです!

もしこのブログを読んでくださっている方で

やりたい仕事がなくて困っている方やそういう境遇にいる方がいらっしゃったら

ネットビジネスを始めてみることをおススメします!

私もこれから頑張っていくので、

一緒に好きなことで仕事をしていきましょう!!

【追記】

記事を更新しました。