Translate:

好きなことを仕事にしている人の割合とその職業の種類を調べてみた

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

以前はネットビジネスで20代での脱サラに

本気で取り組む2つのきっかけについて

書かせて頂きました。

皆さんは自分の夢ややりたい仕事ってありますか?

もしくはすでに社会人の方はやりたい仕事に就けていますか?

今回はタイトルの通り、

自分の好きなことを仕事にしている割合とその職業について考えてみたことを

書いていきたいと思います。

自分のやりたいことを仕事にしている人はどれくらいいる?

世の中には自分のやりたい仕事に就いている方もいれば

自分の希望してたのとは違うけど今の仕事を続けている方も

いらっしゃると思います。

また、私のように精神的な病気にかかってしまい

休職をしたり転職をしたりしている方もいらっしゃると思います。

では、そんな中で世の中の社会人の何%くらいが

自分の好きなことを仕事にできているのかを調べてみました。

いろいろと情報の多い世の中ですが、

これは調べてみたところ、大体30%前後らしいです。

この数字が多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれだと思いますが、

こんなもんかなとは思います。

ただ、私の周りには30%も絶対にいませんね。

自分のやりたいことを仕事にしている職業

これは私のイメージと一意見で

「この職業は自分の好きなことを職業にしているなぁ」

と思う職業について書いていきたいと思います。

スポーツ選手

まずはやはりスポーツ選手ですよ!

これほど自分の好きなことで飯を食ってる人はいないと思いますね。

もちろん安定した職業ではないし

選手としての寿命も長くはないですけど、

自分が大好きなスポーツのためにたくさん練習をして

それでプロになって結果を出せばもらえるお金も桁が違いますからね。

子供たちの将来の夢でスポーツ選手が多いのは

わかりますよね。

そして、私がスポーツ選手が素晴らしいと思うのは

他の職業にはなかなかない、

人に元気や勇気、パワーを与えることができるということですね。

他の職業ではこういうことはできませんからね。

私もなれるならプロ野球選手になりたいです。

芸能人(アイドルや女優、俳優、お笑い芸人等)

芸能人も好きなことを仕事にしている職業の典型だと思います。

芸能人もスポーツ選手と同じで安定はしていないし、

何より下積み時代が長いです。

下積みが長いからといって必ず成功する世界でもないので

なかなか棘の道だとは思います。

ただ、芸能人も人を元気する力や

勇気とパワーを与えることができる存在だと思います。

私がこうやって頑張れるのも欅坂46の今泉佑唯ちゃんのおかげですからね。

芸能人も子供たちの憧れの職業になるのもわかります。

経営者

あとはやはり経営者でしょうか?

経営者も人生楽しいと思いますね。

自分のやりたいことをやって

それで経営して生計立てられるわけですからね。

ただ、経営者になんてなれる人はほんの一握りだし、

なれたとしてもかなり時間はかかります。

本当にすぐ経営者になりたいなら自分で起業でもするしかないですね。

もちろん起業するにしてもそのためには時間もお金もいるので

なかなかなれるものではないですけどね。

ただ、経営者って会社を経営することだけではなくて

ネットビジネスで自分のサイトやブログを持っている人も

経営者にあたるのではないかな?

と個人的には思っています。

自分のサイトやブログで収入を得て生活をしている方々は

私は立派な経営者だと思います。

自分が人生を後悔しないような仕事の選び方はないのか?

まず、人生を後悔せずに生きている人っているのか?

って話ですよね。

私は後悔はかなり多いです。

生きていくうえで必ず何か仕事をしてお金を稼いでいかないといけません。

ただ、私のように仕事が嫌になってしまい休職などをしてしまわないためにも

なるべく自分が続けられそうな少しでも好きな仕事を選ぶのがベストです。

次回は今回の休職などで思った少しでも好きな仕事を選ぶことができないかどうかを

メンタル的なことや環境面を交えて書いていきたいと思います。

【追記】

記事を更新しました。