Translate:

会社を辞める(退職する)ことと理由(独立すること)を親に伝えた結果と説得したこと【母親編】

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

前回は適応障害で休職した新入社員の

14回目の精神科への通院と

会社を退職することを親に伝える決断について

書かせて頂きました。

前回の記事を読んでいないという方は

下記の記事から読んでみてください。

今回は先日に

会社を辞めることを両親に話したので、

まずは母親に伝えた結果について

書いていきたいと思います。

母親に話したこと

まずは先日の日中に私と母親しか

家にいない時間帯があったので

そこで話をしました。

まずは母親には

「ちょっと伝えなきゃいけないことがある」

ということで切り出しました。

その流れで会社を辞めることを伝えました。

当然、「なんで?」ってなりますよね。

そこで私自身やりたいことがある

ということを伝えました。

ここではその詳しい中身は伏せますが、

よくわからないであろう母親に

いろいろを話をしました。

母親の反応

私はいきなり両親を相手に1対2で伝えるのは

どうしても気が引けたので、

まずは母親からと決めていました。

私の場合は会社を辞めることに関して

両親に反対される心配は

正直あまりありませんでした。

どちらかというと心配される方が大きく

特に母親はかなりの心配性なので、

私が会社を辞めると言ったことで

おかしくならないかが心配でした。

予想通り心配はかなりされましたけど、

会社を辞めることに関しては

反対はされませんでした。

ある程度予想通りの反応でしたが、

やはり伝えた後はかなりホッとしました。

母親に伝える上で重視したこと

会社を辞めるということは

人生の中でも大きな決断の一つです。

もし親の立場に立っている人なら

子供が会社を辞めると言ったら

心配するのは当たり前だと思います。

ただ、私たち子供は

親のために生きているわけではありません。

親に迷惑をかけてはいけませんが、

私の人生は私の人生なので

どう生きていこうと私の自由です。

私が会社を辞めると言ったのも

ただの現実逃避ではありません。

母親に伝える際に最も重視したことは

『私はこういうこと(自分のやりたいこと)をやりたい』

とハッキリ伝えることですね。

親なので心配してくれるのは当たり前ですが、

何でもかんでも否定はしてきません。

ちゃんと具体的に伝えてあげれば

親も本気なんだと受け取ってくれるし、

心配はするとは思いますけど

応援をしてくれます。

実際に私の母親は心配はしていますが、

今は頑張れと言ってくれています。

「会社を辞めてやりたいことをやる」

ということを母親に伝える際には

かなり緊張はしましたけど、

ハッキリと伝えて良かったと思うし

今は更に身が引き締まった思いですね。

もし、同じような立場にいる方がいれば

自分の思いはハッキリ伝えましょう。

それが一番の解決策だと思いますので。

やりたいことをハッキリと伝えて

反対する親はなかなかいないと思いますし、

もし反対するようなら

親とは距離をとるしかないと思います。

自分の人生ですからね。

父親にも伝えた結果

一つの難関である母親に伝えることには

成功しました。

ただ、やはり実家暮らしの私の場合は

世帯主である父親にも伝える必要があります。

日中は母親に伝えたので

この日の夜に父親には伝えました。

次回は父親に会社を辞めることを

伝えた結果について書いていきますね。

【追記】

記事を更新しました。