Translate:

【乃木坂46・欅坂46】全国握手会と個別握手会の仕組みと違いを踏まえて、どちらがおすすめ?

スポンサーリンク

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

スポンサーリンク

前回までは全国握手会個別握手会の仕組みについて

それぞれ詳しく書いてきました。

それぞれの仕組みが気になる方は下記の記事を

それぞれ参照ください。

今回はそれぞれの握手会の仕組みを踏まえた上で

どちらの握手会の方がおすすめかを考えていきたいと思います。

全国握手会に向いてる人

全国握手会に向いてる人についてです。

全国握手会に向いてる人はズバリ、

  • 握手会に慣れてなくてたくさんのメンバーと触れ合いたい人。
  • 推しメンが決まっていない人。

この2つのどちらかに当てはまる人だと思います。

全国握手会は初心者に敷居が低くなっており

1枚の握手券で複数のメンバーと触れ合えるので、

たくさんのメンバーと触れ合いたい人には都合がいいのです。

そして、複数のメンバーと触れ合うことで

「このメンバーいいな。推していこうかな?」

と思うこともあると思います。

特に、推しメンが決まっていないという方には

それを決める素晴らしいイベントでもあると思います。

このようなことから上記の2つのどちらかに当てはまる方には

全国握手会の方が向いていると思いますね。

ただ、上記2つのどちらにも当てはまっていなくても

全国握手会に向いてる場合としての例外もあります。

例外

それは、推しメンは決まっているけど、

個別握手会では人気で握手券が取れない人たちですね。

これは今の欅坂46では多くの方が該当すると思います。

個別握手会では握手券が取れればどうしようもありませんが、

全国握手会の握手券はネットや店頭でCDを買うだけです。

by カエレバ

ネットならばたくさんCDを買って握手券を集めることが可能です。

全国握手会では最後にまとめ出しの時間があります。

このまとめ出しをすれば、たとえ人気のメンバーであろうと

長く話すことが可能です。

ただ、欅坂46の全国握手会ではまとめ出しをした場合は

それぞれのメンバーと1対1で話すことになります。

例えば、まとめ出しで10枚出したとすると、

1枚約3秒 × 10枚 = 約30秒

1人辺りのメンバーと話すことができます。

当然、枚数に比例して話せる時間も長くなるので、

推しメンと1対1で長く話したい方には

例外として全国握手会がおすすめです。

個別握手会に向いてる人

では、個別握手会に向いてる人はどのような人でしょう?

個別握手会に向いてる人はズバリ、

  • 推しメン楽しく話したい人
  • 1枚辺りの握手を少しでも長く話したい人

この2点のどちらかに当てはまる人ですね。

実は、全国握手会は複数のメンバーと握手できたり

初心者に易しいメリットもあるのですが、

すでに推しメンが決まっている人には効率が悪いのです。

全国握手会では1人のメンバーとは3秒前後ですが、

個別握手会なら1人のメンバーと6~8秒話せますからね。

個別握手会の場合は推しメンとの会話ネタだけ考えればいいですが、

全国握手会だと最低もう1人メンバーがいるので

そのメンバーとの会話ネタも考える必要があります。

1回や2回ならいいですが、

全国握手会で推しメンのレーンをループしてると

さすがに会話ネタがなくなって困ることがよくあります。

これがなかなか難しいこともあるので、

そういう方は握手券が取れるうちは個別握手会をおすすめします。

結論

それぞれ特徴や向き・不向きはありますが、

どちらも共通していることは楽しいイベントであるということです。

どちらもメンバーと楽しく触れ合えるイベントであることは間違いないので、

もし握手会に参加をしようと思っている方は

どちらの握手会も一度行ってみることをおすすめします。

私の経験談ではありますが、

一度握手会に行ってみると自分の知らなかった世界を知れると思います。

それぞれの握手会を経験してみると、

結果どちらの握手会も行くようになると思います。

そうなるともっともっと握手会が楽しくなると思います。

そのきっかけとして、私の記事が参考になれば

これほど嬉しいことはありません。

是非、それぞれの握手会の仕組みを理解されて

一人でも多くの方が握手会を楽しめることを祈って

この記事を締めたいと思います。

【追記】

記事を更新しました。