Translate:

欅って、書けないで放送された欅坂46 今泉佑唯の復帰シーンの感想

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

広告

昨日(9/10)の欅坂46の冠番組である『欅って、書けない?』にて

欅坂46の全国ツアーの最終公演である幕張メッセ公演の様子が放送されました。

今まで何回か全国ツアーの内容に関して思うことは書いてきました。

今回は私の推しメンであり欅坂46のファンなら誰もが待ち望んでいた

今泉佑唯ちゃんの復帰シーンも放送されていたので、

そのことについて私が感じた点を書いていきたいと思います。

感動の復帰シーン

まずは、なんといっても復帰シーンです。

映像等はここに載せることはできないのですが、

1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』のType-Bに収録されているソロ曲、

『夏の花は向日葵だけじゃない』のイントロが流れた瞬間の歓声はすごかったです。


真っ白なものは汚したくなる (Type-B)(DVD付)

このシーンは行った人はもちろんではありますが、

行けなかった人たちのためにも放送してくれた番組スタッフたちには

本当に感謝しかありませんね。

このシーンは必見なので、絶対に見るべきだと思います。

やっと見られた笑顔

前に復帰第一号として掲載されたblt graph.のインタビューや写真では

笑顔を見せていることも多くありました。

関連記事はこちら。


blt graph. vol.22 (TOKYO NEWS MOOK 634号)

しかし、まだ復帰後は映像では見れていなかったので、

今回のこの放送により笑顔を見せていてくれて嬉しかったです。

アイドルはみんなそうだとは思うんですけど、

今泉佑唯ちゃんの笑顔というのは欅坂46の中でも

特に似合っていてみんなが癒される存在だったので、

今泉佑唯ちゃんに笑顔が戻ったのは本当に良かったと思います。

まだまだ本当の試練はここから

とりあえず、復帰ができてステージに立てたことは本当に良かったし、

大きな一歩だったとは思います。

しかし、休養をした分、メンバーと空いた差を埋めなきゃいけないし

ファンとの絆もまた取り戻していかなきゃいけません。

私としてもこれからまたいろいろと考えて接していきたいと思いますし、

今後二度とあのような形で休養にならないように

いろいろと話も聞いてあげたいと思っています。

でも、今泉佑唯ちゃんは休養前より強くなって戻ってきたと思うので

私も更に強くなって今泉佑唯ちゃんと一緒に

途中で止まっていた坂をまた登っていきたいと思います!

広告