Translate:

【適応障害(うつ病)休職】会社での手続きをする時の対処(メール全文公開)

よく読まれている記事一覧

よく読まれている記事一覧

前回は休職期間についての説明と社会保険についての説明のことで

会社からメールがあったことについて書かせて頂きました。

前回の記事を読んでいないという方はこちらから読んでみてください。

今回はこの会社からの連絡についてどう返信したか書いていきたいと思います。

会社に来てくださいということへの抵抗

前回の記事で書いた中のメールで会社に来てほしいという内容があったのを

覚えているでしょうか?

社会保険の申請書類準備が出来ました。
休職期間についてや社会保険手続きについての説明をしますので、
お盆休み明けの8月22日(火曜日)9時30分に会社に来てもらえ
ますか。

この部分ですね。

会社に行くのが辛かった自分はこのメールを見て

会社に行くのは嫌だ。

とハッキリ言って思ってしまったんですよね。

ただ、会社側からの要求としては会社に来てほしいとのことなので

会社に行くのが嫌ならその旨を伝えなければなりません。

会社に出した提案

どうしても会社に行くのが嫌だった自分は

会社以外の場所で会えないかという提案をメールで送りました。

今回もいつものごとく、そのメールを全文公開したいと思います。

○○課長

お疲れ様です、○○です。

ご連絡ありがとうございます。

時間や持ち物等確認致しました。

場所に関してなのですが、
大変申し訳ないのですが会社以外の近くの場所でというのは不可能でしょうか?

今の私の状態ですと、会社に行くと先輩方や同期に申し訳ないと思い苦痛に感じてしまうかもしれません。

無理なお願いとはわかっていますが、
何とぞよろしくお願いします。

こんな感じですね。

このメールを送る際に気をつけたのは、

ここでも会社に場所の変更という迷惑をかけてしまうので

申し訳なさを出すという点は注意しました。

会社に行きたくないというのではなく、

会社には行きたいけど迷惑をかけてしまい苦痛だと感じてしまう

ということを前面に押し出しました。

本日の私

本日は私は昼過ぎまでは都内のいつもの場所で作業をしていました。

一応、自分の勤めている会社はお盆休みは昨日までなので

本日からは出勤なんですね。

とはいえ、後は明日行ったらまた土日なので

休職しているとはいえ自分もまだ休み気分が抜けていませんでした。

昼過ぎからはまだお盆休みの知り合いと久しぶりに会って

リラックスもできました。

最近は友達や知り合いとも誰とも会えていなかったので

たまにはこういう気分転換も必要だと感じましたね。

次回は会う場所を会社以外の場所でという提案メールを送って

会社側はどう対応したかについて書いていきたいと思います。

【追記】

記事を更新しました。